ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2004年07月04日
 『新花いちもんめ』を読んでる。中居くんがドラマをやってた『花いちもんめ』じゃない。『新花いちもんめ』だ。理由はとくにない。なんとなくだ。なんとなく僕は『新花いちもんめ』を12巻まで集めてしまった。『花いちもんめ』は一冊も持っていない。で『新花いちもんめ』なのだけれど、おもしろいかどうかは微妙だ。なぜならば全部がぜんぶワンパターンであり、伊橋は年をとらなさすぎて、まるで僕のようなヤング(!)が読むマンガでない上に、出てくる料理がどうにも美味そうではないからだ。それもそのはずで、『新花いちもんめ』は料理マンガじゃない。気配りを主題に置いたマンガだ。そのための料亭という舞台なのだ。つまり僕は気配りを『新花いちもんめ』から学ぼうとしているのだ。そして人はそれを、付け焼刃、と呼ぶ。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック