ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年10月21日
 ゴシックな質感の流麗な銃撃戦が繰り広げられる、三輪士郎『DOGS BALLETS & CARNAGE』は、これ以前に単行本化されている『DOGS』の、仕切り直しというのではなくて、直截的な続きとなっている様子なのだけれども、『DOGS』が、ミハイ、バドー、直刀、ハイネの4者をスイッチしながらの、あくまでも連作ふうなつくりであったのに対し、ここでは、すくなくともこの1巻では、ハイネの宿痾に焦点をあてた物語として進行しているので、趣は、けっこう違って感じられる。ミハイの内面が、わりと余裕のない、切羽詰まったものであるのと同じく、遊びのすくない、シリアスな展開が続く。それはそれで、けっして悪くはないのだが、トラウマティックなモチベーションを大事にしたハイネの造型は、やや使い古されているとも思え、逆に、今どきのスマートなダンディズムを身にまとったミハイが、完全に脇(以下の存在)に回ってしまい、今のところ、ぜんぜん話の筋に噛んでこないのが、まあ『DOGS』にあったものを期待していみるとの話だが、やや残念ではある。
posted by もりた | Comment(2) | TrackBack(0) | マンガ(06年)
この記事へのコメント
ミハイとハイネが逆なってますね。あとで直します。
Posted by もりた at 2006年10月21日 20:24
なおしました。
Posted by もりた at 2006年10月22日 09:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック