ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2012年01月29日
 至福、の一言に尽きる。尽きた。遂に初来日を果たしたカナダの男女二人組ユニット、NADJAの東京公演だが、アンビエント、エクスペリメンタル、シューゲイザー、スラッジ、ドゥームetc. 様々なトピックを弄しながら形容されるサウンドは、確かに轟音の贅を凝らしたものであって、ああ、これはちょっとすばらしいぞ。と、そう、正しく未曾有の領域を実感させるほどなのだった。

 先にステージをこなしたENDONとVAMPILLIAが「動」の、すなわち激しくうるさいパフォーマンスを繰り広げたのに対し、NADJAの演奏はまず最初に「静」の、つまりは決して騒がしくはないし派手でもない表情を暗がりのなかに描き出す。実際、セットの中央に固まったAidan BakerとLeah Buckareffの姿からは何の気負いも気取りも見えてこない。普通である。自然に構えているだけである。装いは平凡ですらある。しかしその、いっけん特色のない佇まいが、いつしかデリケートな緊張に包まれていき、やがて圧の高い轟音と一体化してしまうのは不思議だ。NADJAならではのマジックというよりほかない。

 マシーンのビートとスローなノイズがスピーカーを通して反復される。地響き。フロアーに背中を向けたLeah Buckareffのベースと電子楽器を並行して操るAidan Bakerのギターが、混じり合い、身体が震えるぐらいのドローン(持続低音)に満たされた空間を、より濃く、うねりが実体を持ったかと錯覚させられるまでの厚み、甚だしいまでの波動を、密度を作り上げていく。そのうねりに掴まれたなら簡単に振り切れはしまいよ。だが息苦しさは、ない。美しくて眩しい幻想に囚われるのとも似た陶酔や恍惚はどこからやってくるのだろう。絶え間なく降り注ぐ轟音がハレーションを起こし、麻薬的に作用するのかもしれない。いや。間違いなくパセティックな旋律を耳にした。メロディアスとはいわれないメロディだ。それが、凄まじく強烈なサウンドと因数分解されないカタルシスとを同じ体験において一致させているのである。

 ともあれ、最高だったよね、と言いたい。唯一もしくは最大の不満は、1時間に届かないステージの短さ、であろう。既存しているアルバムに20分超のナンバーが稀ではないアーティストである。それを何曲もプレイしたら余裕で長丁場になるはずなのだったが、アンコールを含めて結局のところ3曲かな。あっという間に演奏が終了してしまったのを物足りなく思う。

 もちろん、にもかかわらずNADJAのNADJAたるゆえんである圧倒的なポテンシャルを目の当たりにできたというのは、すでに述べたとおり。これまでに発表されてきた作品から窺い知れるように、NADJAのサウンドには、もしも拒絶反応を起こさずにそれを受け入れるならば、感性の構造や法則を変えられるだけのインパクトが備わっている。すなわち、我々によってこうだと信じられているのとは異なったもう一つの世界を顕在させる。価値観を揺るがすでもいいし、現実を忘却させるでもいい。どう喩えてもいい。認識のプログラムが入れ替わる。新しい世界に面してしまうのだ。たとえ束の間だったとしても、である。今回のライヴは全くそのことを明らかにしていた。


posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(2012)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。