ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2011年10月30日
 ひるなかの流星 1 (マーガレットコミックス)

 非常に研究熱心というか勉強熱心なマンガ家だと思うわけだ。やまもり三香は、『シュガーズ』でスイーツというモチーフをオムニバス形式のなかであまりよく生かせず(これは本当に残念であった)、『Non stop days〜シンデレラガール 佐々木希物語〜』では実話ベースのフィクションをステレオタイプなイメージ以上に押し上げられなかった(でもそれが決して悪くはなかった)のだが、カットや構成のレベルにおいて、先行する少女マンガのマナーを巧みに吸収し、独創性をほとんど持たない代わり、洗練という成果を正しく獲得していたのだけれど、それがこの『ひるなかの流星』の1巻の時点でもう一段階進んでいる。確かにスマートで達者な絵柄はやまもりに固有のものだし、いくえみ綾に象徴されるような洒脱さ(『マーガレット』の連載でありながらどことなく『別冊マーガレット』を彷彿とさせる)を受け継いでいるのは集英社の系譜だからなのだろうが、小玉ユキや岩本ナオ、ねむようこといった現在の小学館でもライト・ポップな傾向(『月刊flowers』的なトレンドのライン)を新味として踏まえているのではないか、と感じさせるのである。ストーリーは大まかに、家族の事情で田舎から東京に出てきた女子高生が、最初は都会の雰囲気に馴染めなかったものの、持ち前の大らかさでそれをクリアーすると同時に恋愛や友情に励んでいく、といったところで、やまもり版『プリンシパル』みたいなシチュエーションもある。ラヴ・ロマンスの面で軸足になっているのはおそらく、ヒロインのすずめと担任教師である獅子尾の関係であって、そうした立場の違いは少女マンガにお馴染みのパターンだ。が、しかしそれらが覚束ない手つきの仕上がりではなく、実に晴れやかな読み心地を描き出している点に真価を見られたい。一人の少女が新しい世界の入口、異性に出会い、人々と触れ合う。そこに成長のテーマはしっかり息づいている。

・その他やまもり三香に関する文章
 『シュガーズ』
  2巻について→こちら
  1巻について→こちら
posted by もりた | Comment(1) | TrackBack(0) | マンガ(2011)
この記事へのコメント
おもろ〜
Posted by まゆゆ at 2011年10月30日 16:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック