ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2005年03月08日
 『めいわく荘の人々』のサブキャラ、安川を主人公にしたスピンオフ(スピンアウトっていうのか)作品。って、『めいわく荘の人々』ってそんなに知名度ないだろう、どうなの。個人的にはかなり好きで、五十嵐浩一といえば『ペリカンロード』よりも『めいわく荘』なんだけど。リアル・タイムで読んでたので。さいしょはアパートの風変わりな住人たちによるドタバタ・コメディみたいな感じではじまって、恋愛があったり、青春があったり、馬術競技があったり、就職問題があったり、テレビ局で働いたり、と、まあ『めぞん一刻』のヴァリエーションともいえるのだけれども、途中から、主人公が一日中テレビ・ゲームをやり出すようになったりして、ヘンテコな感触のマンガであった。けっきょく90年代カルチャーのゴッタ煮だったのかな。で、安川は、その「めいわく荘」に住むオタク学生なんであるが、そういった知識は、このマンガを読むにあたっては、じつはぜんぜん関係なかったりする。基本的には、美女がトラブルに巻き込まれ、その場になぜか居合わせた安川のせいで状況は悪化し、さいごには裸になってしまうというパターンを繰り返す、一話完結のコメディである。あー『迷惑の人』って、そういう意味だ。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック