ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年08月18日
 小さな親切が大きなお世話である「トリ」といっしょに生活する羽目になった毬央は、「トリ」の生みの親である研究者の野村(メガネ)のことが気になり、すっかり恋する乙女のモードであったが、もちろん当然のように、そんな彼女を「トリ」が放っておくはずもなく、あいかわらずのドタバタ劇が繰り広げられることとなる。金田蓮十郎『チキンパーティー』、これにて落着の第3巻である。つうか、一言だけどうしもいわせてもらいたいのは、このマンガ家の作品がちゃんと完結したのって、はじめて見たかもしれない、ということで、何よりもそのことにびっくりさせられた。なんだよ、最終回のつくれる人だったんだ! もう完全に惰性で続いてるとしか思えない『ハレグゥ』はともかく、『ニコイチ』のストーリーもちゃんと終わる可能性があるのだとすれば、今後の展開に期待したくもなった。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック