ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年08月12日
 八木剛士史上最大の事件

 THE青春小説の極北。そう、あらかじめ絶望するための望みすらも絶たれていることを指して、真に絶望というのならば、あるいは彼こそが、絶望であった。松浦純菜に出会うまで、世界はそのようにしてあるのだと思っていた。しかし、そうではなかった。世界は変わったのだろうか。いや、望みを知ってしまった今となっては、今度は逆にそれを失うのが怖く、きっと失われたさいの苦痛は、これまでに感じたことのないほどのものだろう、と考えれば、やはり世界は以前と何ひとつ変わっていないんだ、とさえ思う。けっして止むことのない不幸と苦悩の連続に、カウントダウンは、じょじょにスピードをあげ、いよいよそのときが差し迫る。はたして『八木剛士史上最大の事件』とは何か。(空白)っアハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハっはっ (空白) あ、大きな星がついたり消えたりしてる。おおきいな。彗星かなあ。いや、違うな。彗星はもっと、ばあーって動くもんな。暑いな、ここ。出られないかなあ。おおーい。出してくださいよ。ねえ。驚天動地のクライマックスに、まさか刻の涙を見てしまったかのようであった。前『上手なミステリの書き方教えます』同様に、しごく真っ当な、いや異論反論はあるだろうが、きわめてオーソドックスな展開の、思わず赤面してしまいたくなるラブコメでありながらも、浦賀和宏のつくる語り口だけが、なにかを大きく間違えてしまっている。だが、その間違え方が、最大限の読み応えとなっているのだし、この作品を小説たらしめているものなのだから、まいる。まいった。

 『上手なミステリの書き方教えます』について→こちら
 『火事と密室と、雨男のものがたり』について→こちら
 『松浦純菜の静かな世界』について→こちら

 「リゲル」について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

浦賀和宏『八木剛士 史上最大の事件』(講談社ノベルス)
Excerpt: 浦賀和宏『八木剛士 史上最大の事件』を読んだ。 やっぱり浦賀和宏は期待を裏切らな...
Weblog: 書評風-読んだら軒並みブックレビュー
Tracked: 2006-08-29 16:55