ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年08月01日
 DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件

 ノベライズ維新ということで、大場つぐみ(原作)小畑健(漫画)がヒットさせたマンガ『DEATH NOTE』の、西尾維新によるノベライズ『DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』である。ノベライゼーションとはいっても、本編つまりはキラが行った大量殺人事件自体の文章化というのではなくて、いわば外伝、サイド・ストーリーというか、西尾のこれまでの作品でいえば、おそらくはJDCトリビュートに近しい手つきでもって、物語は編まれている。あるいは、これはLトリビュートというべき内容であろう。〈キラなんてどうでもいい〉〈僕にとって重要なのはあくまでもLだ〉。そうして副題にあるとおり、本編2巻でその名前だけは登場した、唯一Lと南空ナオミの接点でもあるロサンゼルスBB連続殺人事件の詳細が、西尾ふうのミステリ小説として展開されているのであった。もちろん当然のように、本編とのリンク、いや作中の言葉に倣えば、むしろミッシングリンクが、登場人物やアイテム、記述のあちらこちらに遍在している。〈殺人鬼キラだって、もしも南空がこのような形でLと関わっていたと知っていたなら、彼女をひと思いに殺すような真似はしなかったはずだ。Lの寿命がほんの数年だけとは言え延びたのは、そういう意味では南空ナオミのお陰であるとさえ言えるのだ……いや、こんな仮定は、あまり意味がない〉。とはいえ、『DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』の主題は、そうした二次創作的な表現から、この作家が得意とするオリジナルとそれの代替物(オルタナティヴ)の相克といったところへ着地していると思われる。そう考えれば、この事件が記述されるにさいして、西尾が、語り手に選んだのだが、本編7巻で、Lの後継者(オルタナティヴ)として、またニアの二番手(オルタナティヴ)として登場しなければならなかった、あの悲しき運命のメロであったというのは、きわめて必然的なことだといえる。ところで僕は、この文章を書くにあたって、マンガ『DEATH NOTE』本編の2巻と7巻をとくに参照した。その単行本の、表紙のどちらにも描かれているのは、はたして誰であったかというと、なるほど。まさしくLトリビュートのようにも見えるはずである。

・その他西尾維新に関する文章
 「するがモンキー」について→こちら
 「まよいマイマイ」について→こちら
 「ひたぎクラブ」について→こちら
 「ある果実」について→こちら
 『ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言使い』について→こちら
 『ネコソギラジカル (中) 赤き征裁VS.橙なる種』について→こちら
 『ネコソギラジカル (上) 十三階段』について→こちら
 『トリプルプレイ助悪郎――最終回「終落」』について→こちら
 『トリプルプレイ助悪郎――第五回「五々」』について→こちら
 『トリプルプレイ助悪郎――第四回「四季」』について→こちら
 『トリプルプレイ助悪郎――第三回「第三」』について→こちら
 『トリプルプレイ助悪郎――第二回「二人」』について→こちら
 『トリプルプレイ助悪郎――第一回「唯一」』について→こちら
 『ニンギョウがニンギョウ』について→こちら
 「コドモは悪くないククロサ」について→こちら
 「タマシイの住むコドモ」について→こちら
 「ニンギョウのタマシイ」について→こちら
 『新本格魔法少女りすか 2』について→こちら
 『新本格魔法少女りすか』について→こちら

 『ザレゴトディクショナル 戯言シリーズ用語辞典』について→こちら
 『総特集 西尾維新』ユリイカ9月臨時増刊号について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

『DEATHNOTE ANOTHER NOTE ロサンゼルスBB連続殺人事件』感想
Excerpt: >『L』になれなかった者たちに捧ぐ鎮魂歌  『これはLの伝説(ノート)であり、僕の遺書(ノート)だ』このコピー、すばらしい!! 初読時よりも2回目に読む時が断然面白い作品といえます。2回..
Weblog: Ondul Blog ver.2.06
Tracked: 2006-12-16 12:00