ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2005年02月24日
 What to Do When You Are Dead

 ニュージャージー・テイストというのがあるかどうかわからないけれども、同郷のサーズデイやマイ・ケミカル・ロマンスの中間項となるようなサウンドをやっているのが、アーマー・フォー・スリープである。とはいえ、前述の2バンドと違うのは、ヴォーカルがギターも兼ねているということであり、それはもちろん音のほうにも作用していて、メンバー4人が一丸となって設ける雪崩のようなダイナミズムが、ひとかどの魅力となっている。ナイーヴなメロディを静と動のタイミングの切り替えによって強調する、そういう今様エモーショナル・ロックなのだが、なかなかこれはいい線をいっている。轟音が感情の表出であることに対して、ちゃんとした説得力を持っているのだ。借り物くさくない。前作から大きな変化はないけれども、一音一音への細やかな気配りにおいて、着実な成長を感じさせている。ひとしきりの衝撃ではなくて、力量でもってしっかりと聴かせる作品である。


posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。