ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2011年06月17日
 MOMO 7 (りぼんマスコットコミックス)

 あなたがいれば生きていける。あなたがいなければ生きていかれない。両者はほとんど同じことを言っている。酒井まゆ『MOMO』の最終巻にあたる。7巻である。このマンガには、半径が小さい世界に対する共感を現代的なフィクションにおけるリアリティだとしたとき、一つの究極ともとれる問いが含まれていたように思う。すなわち、自分にとって絶対の人が目の前から消え去ってしまうとしたら、文字通りに広い意味での世界、つまりは地球そのものの存在を拒否することが許されるかどうか。そうした課題に、実際に神に近しい決定権の与えられた少女が直面するのだった。ヒロインがダブルであり、また年齢差をともなっている点も、上に記した内容のなかに、しっかりとした手応えを残しているだろう。生きるというのは、必ずや時間の流れと同期される。幼さを一段階ずつ乗り越えていくことが、普通、成長とされるのであって、夢とモモの非対称な関係を通じ、まじまじと見直されていたのはそれだ。狭い意味でろうが大きな意味であろうが、世界とは、おそらく複数の視線が交わる場所に他ならない。幸福も不幸も悲しみも喜びもあたたかさも寂しさも、多義的であるがゆえに悩まされるだけの価値がある。結局はその悩みを引き受けることでしか、自分以外の誰かを愛おしいと信じられる主体は確認できない。俯瞰で描かれた結末は、読み手と作品のテーマとを真向かいにさせる。物語上の帰結であると解釈されたい。ところで、本巻に併録されている読み切りの「17o'clocks」もそうだし、同時にコミックスがリリースされた『クレマチカ靴店』もそうなのだけれど、作者の細心は、喪失感が織り込み済みで当然であるような世界をいかに輝かせられるかに向けられているみたいなのだったが、その試みは目下、いや確かな成功と感動に繋がっている。

 3巻について→こちら
 1巻について→こちら

・その他酒井まゆに関する文章
 『クレマチカ靴店』1話目について→こちら
 『ロッキン★ヘブン』
  8巻について→こちら
  7巻について→こちら 
  6巻について→こちら
  4巻について→こちら
  3巻について→こちら
  2巻について→こちら
  1巻について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(2011)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック