ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年07月09日
 下山手ドレス別室

 ファッションなどに興味のない僕とは、よっぽど生きている文化圏は違うであろうのに、どうして西村しのぶの作風にはこうも惹きつけられるのか。西村の魅力については、大昔に大塚英志も書いていた(たしか『戦後まんがの表現空間』に収められている)気がするけれど、たぶん、そのメリハリの効いた活力みたいなものがよく表されているところに元気づけられるからなんだろうな、と、このエッセイ・マンガ調の『下山手ドレス(別室)』を眺めながら、思う。同様のフォーマットで以前に発表された『西村しのぶの神戸・元町「下山手ドレス」』は、アニメ誌『ニュータイプ』の連載であったが、ここに収められているのはおもに女性向けコミック誌に掲載されたものだということもあり、個人的にはひじょうに縁遠い話題も多いのだけれど、それでも全編に渡り満足げに読んだ、とても愉快に読まされたのであった。げらげら笑いつつ、ああ、こういうかっこうよいふうになりてえな、と。単独でびしばしとアクションを起こす、その飄々として颯爽とした行動力に憧れたりもする。

・その他西村しのぶの作品に関する文章
 『メディックス』について→こちら
 『アルコール』2巻について→こちら
 『一緒に遭難したいひと』2巻について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック