ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2005年02月15日
 ブレスド・ブラック・ウイングス

 元スリープのマック・パットを中心としたトリオのサード・アルバムで、ベースには元メルヴィンズのジョー・プレストが迎えられ、そしてプロデューサーにスティーヴ・アルビニを起用という具合に、武装をかなり強化して鳴らされたサウンドは、猛烈疾走するヘヴィ・メタルなのだった。現代的なアイロニーとしてのヘヴィ・メタルではなくて、まじメタル。様式美ぶったものでもなくて、野蛮なほどにラウドなヘヴィ・メタルである。人脈的には、ストーナーだとかドゥームだとかの、重量感溢れるがゆえにスロー・ペースなものを想像させるが、しかし、モーターヘッドを彷彿とさせるような爆音を走らせていて、ものすごく燃える。熱のこもった演奏を聴かせている。ボーナス・トラックとして収録されたジューダス・プリーストのカヴァーも、なかなかの熱血モードである。ところで。スティーヴ・アルビニといえば「プロデュース」ではなくて、こだわりを持った「録音」というクレジットで知られるわけだけれども、ここではちゃんと「プロデュース」になっている。これって、いつ、どのアーティストぐらいから方針を変えたのかしら、知らなかった。


posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。