ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2011年02月26日
 医龍 25 (ビッグコミックス)

 世間でどう考えられているかはいまいち知らないのだったが、やはりこれは自分にとって『キン肉マン』と同じカテゴリーに属するマンガである。最終25巻のラストを飾るポエジーを前にあらためてそう思うのだった。無論、大河のような医療ドラマは善悪の基準によって区別しきれない世界のありようを深くえぐり出してはいた。しかしながら、朝田や加藤、霧島や木原、伊集院たちの奮闘には、スグルやテリーマン、ロビンマスク、ウォーズマンやジェロニモ等々と同様のふんばりを重ねられるのである。医局におけるさまざまな勢力の対立は超人と大衆をめぐる葛藤でもあっただろう。作中人物は各々、アクロバティックなロジックを経、次のステージへ駆け上っていった。伊集院の成長はその最たるものだ。あるいは序盤の展開を振り返ってもよい。『ブラックジャックによろしく』の地べたを這うかのような実直さに比べ、『医龍-Team Medical Dragon-』の場合、天才的な外科医の登場、バチスタ・チームの招集を期に、なかんずくスペクタクルとカタルシスに持って行かれるところが多かった。作品の構造とパラレルに、テーマとして強調されていたのもつまりは、最後に信じられ、助けられ、お互いを逞しく育てるのは仲間であってライヴァルなのだということである。そう、志を同じくしていれば、たとえ立場を違えてしまおうが、ともにいられなかろうが、それはもうチームなのだ。完璧なヒールなどいない。血の通ったプロレスみたいな感動を、乃木坂太郎は見事に描ききったと思う。

 23巻について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(2011)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック