ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年06月01日
 フルーツ

 『フルーツ』は、木葉功一による連作ふうの短編マンガ集である。6つの作品が収められているけれども、個人的な好みをいえば、この作者ならではのガン・アクションの激しい第1話目の「桃-tao-」が、もっともよかった。が、しかし、ここで述べておきたいのは、最終話にあたる「アフリカの林檎」に関して、である。全体のテーマのようなものは、女性の、男性からは捉まえきることのできない、魔性ともとれる深みだといって、おそらく差し支えがない、と思う。そうしたとき、「アフリカの林檎」以外のものは、基本的に、特定の男性が特定の女性に奉仕するといった構図がとられていることが、わかる。台詞からも明らかなように、その、男性サイドからの視点をもって、女性は果実(フルーツ)に喩えられている。それはつまり、ひとりの男性のうちにある想いが、ひとりの女性に固有な魅力を備えさせる、といったことの現れに他ならない。けれども「アフリカの林檎」だけは、ちがう。そこで、主人公である女性を果実(フルーツ)のイメージに置換しているのは、もっと一般的な、言い換えるなら、ありきたりな、それこそ帯にある〈女は果実――毒のように、甘い〉といったコピー程度の、浅はかな印象でしかなく、もちろんそれは当然、固定観念を越えてゆく表現のおもしろみには、結びついていない。そのことを踏まえ、作品が発表順に並べられているのを考えると、作者の意図はどうであれ、最後の最後にアイディアの乏しい作品が置かれてしまったことは、単純に、残念な感じだ。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック