ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2011年01月24日
 牌王伝説 ライオン @ (近代麻雀コミックス)

 堂嶋のような兄貴分がいたら当然魅了されらあ、であろう。自らをライオンと嘯くその豪気なアティテュードに、これぞ男の生き様を堪能されたい。しかしながら相変わらずぶっ飛んだ野郎である。惹かれはするものの、さすがに無茶苦茶だよ。真似したくないし、真似できっこない。あるいはだからこそ夢を見られる。もっとも堂嶋とは誰か。志名坂高次によるハイ・スリリングな麻雀マンガ、『凍牌』のワキを固める面子のなかでもとくにインパクトの強い人物であって、この『牌王伝説 ライオン』は、掲載誌(出版社)は違えど、堂嶋を主人公にした『凍牌』の外伝的な作品にあたる。本編においては、氷のKのクールさとは対照的に、きわめてホットに描かれている堂嶋だが、無論、その熱量が溢れ出んばかりの佇まいは、1巻の序盤からマックスに際立っている。〈俺はライオンだからな どうせ命を張るならでかい相手のほうがいい〉こういうセリフがじつに似合う。見事に決まっているのだった。すさまじいのは、狼と呼ばれる勝負士、黒田との7億もの大金を賭けた対決だ。負ければすべてを失う場で、名言に相応しい啖呵が踊る踊る。逆境を前に堂々と述べる〈何よりな 俺は「怖れる事」が大嫌いなんだ ま 通れば勝ち 当たれば負け 2分の1よ 俺は堂嶋! ライオンは怖れねえっ!!〉という屈託のなさときたら、確実な根拠もないのになぜおまえはそんなに堂々としているのだ。だがそれが堂嶋なのだと納得させられる。十分なカリズマが描かれている。物語は殺伐としているにもかかわらず、読めば異様に元気が出るのは『凍牌』と同様である。トラウマの類はこの世界を乗り越えていく上でクソの役にも立たない。凄惨な過去を持った黒田を向こうに回し、自らのモチベーションがどこからやって来ているのか、堂嶋が滔々と語ったエピソードが最高に痺れる。麻雀のためだけに右足の指を五本全部切り落とすなんて、完全に常軌を逸しているのだけれども、どうしてだろう、不思議とそれがポジティヴな決断にさえ思われてしまうのは、おそらく、ノー・ペイン・ノー・ゲインもしくはハイ・リスク・ハイ・リターンの美学を一切の躊躇いもなしに貫くこと、その潔いまでの振る舞いに説き伏せられるものがあるからで、ほとんど狂気の沙汰でしかない行動ですら堂嶋にとっては持ち前の明るさにほかならない。いやいや、彼のたいへん素敵な資質は、ひょうきんな描写にもよく表れている。財布とテレビのリモコンを間違えて懐に入れていたと気づいたときの渋い顔つきには、こいつ絶対に嫌いになれないぞ、と認めざるをえない可笑しさがある。ところで作品の構成に関してだが、そういう堂嶋の個性を引き出すにあたり、平凡な青年である石原(イッシー)をある種の狂言回しに据えているのが、でかい。予想外のカリズマと出会い、じょじょに感化されていく石原の姿は正しく、堂嶋のような兄貴分がいたら当然魅了されらあ、の夢を追っている。

 『凍牌』10巻について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(2011)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック