ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2005年02月02日
 もともとは『秋人の不在』という題名であり、じっさいに、牟礼秋人という作中には登場しない人物をめぐりながら物語は進行する。要するに、中心が存在しないことによって、中心として成立しているということで、時系列に並ぶことのない複数の視点を転移しながら事の経緯が語られてゆくのだけれど、正直、読みづらいというのが先に立ち、おそらく構造的に何かしらかの仕掛けがあるのだろうが、そういったことはどうでもいいように思えてしまった。つまり、関心が払えなかったということだ。それと、宮沢章夫って、こんな金井美恵子みたいな言い回しを多用する人だったっけ、って、躓いてしまったのもある。視点による抑圧みたいな部分だけを考えれば、小さな町の騒動を、複数の人物が共有するという設定も手伝って、ぷち『シンセミア』のような様相もあるのだが、どの登場人物も濃淡のないフラットな描かれ方をしているため、まあそれは「あえて」なのかもしれないけれど、彼や彼女らを動かす欲望のようなものが明確ではないように感じられる、そのせいで「だからなに?」という気分のまま、読了へと至ってしまうのだった。あるいは、そういう核心を、こちらが確信できないことが『不在』という題名に表されているのだとしたら、そのとおりかもしれない。が、それはちょっと。これ、舞台と連動してるらしいので、そっちも観てみないとわからないのかな。うーん。そんなことはないのか。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

小路幸也「そこへ届くのは僕たちの声」
Excerpt: 小路幸也著 「そこへ届くのは僕たちの声」を読む。 このフレーズにシビれた。  そこに、僕たちの声が届く。いつか。 [巷の評判] のぽねこミステリ館では, 「そう、涙もろい私はこの作品でも何度も泣いた..
Weblog: ご本といえばblog
Tracked: 2010-04-04 18:23