ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年05月15日
 村上春樹論 『海辺のカフカ』を精読する

 まあたしかに僕も、村上春樹の『海辺のカフカ』は偏りのある小説だと思うし、けっしておもしろいとは思わないのだけれども、かといって、ここでの小森陽一の批判もずいぶんと偏っているように感じられ、これはこれで、深く説得されない、いぶかしく感じられるところがないわけでもなかった。とはいえ、あの小説をここまで読み込むのはかなり労であったろうな、とは感心する。小森が、この『村上春樹論 『海辺のカフカ』を精読する』で述べていることの、大枠をいえば、つまり『海辺のカフカ』のベースにあるのは、男性側の女性嫌悪(ミソジニー)であり、それが無媒介的に権力と結びついてゆく過程を追った物語は、9・11以降の、アメリカのイラク攻撃や、それを支援する日本政府の在り方も含め、現代的な暴力の振われ方とパラレルであるがゆえに、今日における思考停止または判断停止に寄り添い、そのことを正当化させる、安心させる、すなわち読み手にとっては、あたかも癒しであるかのように機能する、ということだろう。そうした指摘は、『海辺のカフカ』のなかに参照された、『オイディプス王』や『千夜一夜物語』、『流刑地にて』、『坑夫』、『虞美人草』なとといった先行するテクストの側から、逆に、翻るようにして『海辺のカフカ』という後発のテクストを眺めたときに発見されている。ものすごく簡単にいってしまうと、夏目漱石が書いた小説のうちにはあった歴史の生成が、『海辺のカフカ』では結果だけが取り出され、その過程は抹殺されている、そのために本末の転倒が起こっているのではないか、といった具合である。たしかに小森の言い分には、一理、ある。が、しかし、それが一理を越えて、それ以上のものになっていかないところに、今日を生きる我々の、難点を見るべきだと思う。ともすると、ここで小森が国家を語るさいの前提は、たとえば柄谷行人が最近『世界共和国へ』で説いた国家のロジックとは、おそらく異なる。真っ向から対峙しているといってもいいかもしれない。が、いや、だからといって、どちらが正しいのかというわけではなく、そのような種々の問題が一元化されないことにこそ、本質的な問題があるのだとすれば、そりゃあ断片ばかりが目に立つ『海辺のカフカ』のような小説は、この時代の、「ぼく(わたし)っていったいなに」系の意識の揺らぎを大事にするタイプの読み手には、構造上の必然として、まあうまくあたるに違いない、のである。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(2) | 読書(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

小森 陽一 『村上春樹論』
Excerpt: 小森 陽一 / 『村上春樹論 ―「海辺のカフカ」を精読する―』 / 2006 / 平凡社新書 / C 緻密なテキスト分析に基づいたトンデモ本、というしかないですね。さようなら、小森先生。 本書の主..
Weblog: bookmarks=本の栞
Tracked: 2006-05-29 03:12

(日本共産党研究)小森陽一・カネ儲けに走る
Excerpt: 村上春樹論 『海辺のカフカ』を精読するにちゃんねるでは、今なお共産党工作員が、筆坂秀世がカネ儲けのために「日本共産党」を出しただの、産経新聞社の総合誌「正論」でたから転落だのとアホみたいなことを言..
Weblog: 日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中
Tracked: 2006-06-03 08:43