ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年04月22日
 暴虐外道無法地帯ガガガガ 2 (2)

 結局、何年ぶりになるんだろう、山下ユタカ(山下ゆたか)の『暴虐外道無法地帯ガガガガ』なのだが、ついに2巻目の登場である。けっして短くない中断を挟み、掲載誌は『ヤングマガジン』から『アフタヌーン』に移ったけれども、しかし、中身のほうはといえば、ジャンキーと暴力、血と頽廃のむんむんと充満した、絵柄そしてストーリーともに、相変わらずのハードコア・パンク路線を貫いている。キカイ島、それは薬(ドラッグ)を産業の中心として成り立つ、悪党どもの巣窟であり、そこに面する朧燈地区(陸)もまた、キカイ島と連動するかのように、全面的にスラムと化している。それらふたつのサイドの対立を背景に、様々な人間(たいていがろくでなし)の思惑が入り乱れ、破壊に次ぐ破壊が繰り返されることで、物語は右往左往してゆく。主人公である拳銃使いのベニマルは、キカイ島のトップにあたるリタから、レーイチという男とコンビを組まされ、3兄弟と呼ばれる朧燈地区の新興勢力に奪われた薬(ドラッグ)を取り返すため、陸(オカ)へと渡る。そうして彼らふたりの登場が、朧燈地区内部の騒乱に拍車をかけてゆくことになるのだった。このマンガの魅力は、やはり、その速いのか遅いのかよくわからないテンポ、スピードであろう。細部は忙しないのに、全体はもっさりと進む。派手なコマは、緊張の度合いとダメージの大きさを表すシーンに終始する。いっけんスタイリッシュには見えがたいけれども、見せ場を生かすことを最善に、じつに効果的な場面場面を組み立てることで、その世界観へと、知らずのうち読み手を引き込んでゆく。いや、じっさい、登場人物のほとんどはラリっており、アナーキーではあるのだが、作中には何か秩序めいたものが働いており、物語それ自体は、不穏だが、破綻していない、というか、あえて破綻を構築しているふうに思えるところが、『ガガガガ』の肝なのではないかな、という感じがする。ストーリーは、スリルが先走りするかのような展開をみせ、3巻へと続いてゆく。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック