ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年04月15日
 Ultimate Destroyer

 圧(あつ)い。そのたったの一言が、じつに相応しい気がした。圧いのである。押され。潰され。散る。死ね。『THE ULTIMATE DESTROYER』というタイトルは伊達じゃないだろ。ああ、LAIR OF THE MINOTAURのセカンド・アルバムは、前作『CANAGE』を上回る、超硬の破壊力を持った作品となっているのであった。ドゥームやらスラッシュやらモダン・ヘヴィネスやら、とにかく、あらゆる種のヘヴィ・メタリックなイディオムを駆使することで、濃密な重低音を作り上げてゆくギターのリフは、幾重にも重ねられ、はげしくうるさい濁流をつくる。1曲目の「JUGGERNAUT OF METAL」からして、バンドの本領が、ばりばりと発揮されており、そのすばらしいカタルシスの有り様は、こちら聴き手の自意識を剥ぎ取り、すっかりと役立たずなものにしてしまう。ベースに耳を傾けてみれば、その図太いうねりに、どん、っと胸のあたりに大きな風穴が空いたかのような錯覚を覚え、空洞の、底のほうからは、あたかも地獄へと続いているかのような、唸りが上がり続けている。ここでは、PELICANのメンバーでもあるドラムのアタックは、けっして派手で目立つといったものではないけれども、いやいや、しかしポイントポイントを押さえ、じつにびしばしっと決まっている。わりと頻繁に楽曲のテンポが変わる8曲目「ENGORGED WITH UNBORN GORE」での、ジャストなリズムさばきに、一線級のプレイヤビリティを思い知らされた。サウンドは、以前ほどアンダーグラウンドな趣きではなくて、けっこうクリアに響くようになったが、しかし、柔くなった印象はゼロで、むしろどろーんとした感覚の抜けたぶん、ソリッドになり、強靱さが際立つかっこうになった。たとえば、最近のMASTODONやHIGH ON FIREに類する、燃えの要素が高まっている。ぎゃふんと言わされるほどに、圧い、圧い、とにかく圧い。

 「CANNIBAL MASSACRE」EPについて→こちら

 バンドのオフィシャル・サイト→こちら


posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。