ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2010年08月13日
 隣のあたし(5) (講談社コミックスフレンド B)

 てっきり端役だと思われていた三宅が、ヒロインである仁菜と彼女が思いを寄せる京介のあいだに割って入り、噛ませ犬に昇格した、というのが前巻のあらすじであって、どこまでが予め構想されていたのか、読み手からしたらまったくわかれないこういう人事があるから、少女マンガは油断ならねえ、のだけれども、はたして三宅はその人柄の良さで噛ませ犬のポジションからもっと上へと這い上がれるのだろうか、というのが、まあ多少の曲解を込めているのだったが、南波あつこの『隣のあたし』の5巻におけるストーリーである。ここで重要なのは、題にあるとおり、誰かの隣にいる「あたし」の心情が、作品自体のエモーションを織り成していることだろう。もちろんそれは、基本的に、京介の隣に幼馴染みとしてしかいられない仁菜の、そして今は三宅の隣に恋人として存在しようとしている彼女の、その内面を指している。簡潔に述べるなら、恋に揺れる乙女心を焦点化しているわけだが、作中人物たちの相関にあっては、もう一方の「あたし」すなわち京介の隣に無理やり居座りながらも時に元恋人の久米川とも逢瀬を重ねる麻生結衣子の、やはり二股の狭間で不安定な挙動を持った心情が、仁菜の対照となることで、そうしたテーマに厚みを与えているのだった。このように考えるのであれば、男たちは、天秤の左右に乗せられた重石のような役割だろう。だがしかし、重石にだって内面がある。と、いわんばかりに京介が、ここにきて大きな動きを見せる。仁菜が三宅と付き合いはじめたことで、彼女に対し、今までになかった反応を引き出されてしまうのだ。これもある意味で、仁菜や結衣子が立っているポジションの応用だといえる。三宅が噛ませ犬くさいのも、じつはそこだ。彼の実直な態度は、自分が誰の隣にいなければならないかを迷わない。これはおそらく『隣のあたし』の本筋からは外れている。物語にとって、とりあえず現段階では、変動をもたらすためのトリガーにほかならないのである。

 3巻について→こちら
 2巻について→こちら

・その他南波あつこに関する文章
 『スプラウト』
  7巻について→こちら
  5巻について→こちら
  4巻について→こちら
  2巻について→こちら
  1巻について→こちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/159337494