ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2010年08月01日
 どうしたって別れはつらい。好き合っていればなおつらい。だからこそ、どうして離れ離れにならなければいけないのか、と人は思う。最富キョウスケの『電撃デイジー』は、7巻にきて、大きく物語を動かした。ヒロインの照と自らがDAISYであることを隠し続ける黒崎の、二人の距離が縮まりつつあるなか、今は亡き照の兄と黒崎にまつわる因縁がふたたび浮上、心穏やかでないながらも無事を保っていたはずの日常が切り裂かれるのである。照がDAISYと交わす携帯メールのやりとりは、これまでにも両者の内面を具体化するにあたり、効果的なパートを果たしていたが、ここではそれがさらにエモーショナルなシーンをつくり出す。ふつう、マンガの表現において、モノローグは、読み手には通じているものの、じっさいに伝えたい相手には届けられない、つまりはその作中人物のパーソナルな表明にとどまる。だが『電撃デイジー』では、モノローグの一部は、携帯メールの文面として書かれ、対象への告白に近しく機能する。黒崎とDAISYの、照が薄々勘づいている合致もじつはそこに担われていたのだけれど、状況の不幸は、そのような告白を経ることで強まってきた関係を、ひどく哀しいものへと転じさせてしまう。すなわち携帯メールという手段が、ラヴ・ロマンスの悲劇性をより高めている。それにしてもこの巻のクライマックスである。DAISYが照に向けて打つ携帯メールの文章がせつない。直接に会って話していれば、せめて携帯電話が繋がってくれさえすれば、それは生じえなかった。本来なら、愛の言葉であって、二人の結びつきをいっそう固くしてくれてもよかった。なのに、反対の感情が占めていく。きれいな印象に綴られれば綴られるほど、別れの挨拶でしかなくなっていく。寂しさを増していくのがつらい。つまりは次のとおり。〈いつもそばで 笑っていてくれて ありがとう 僕の意地悪を かわいく受け止めてくれて ありがとう ――それから―――― 君が大好きだと言った デイジーの花を 僕もきれいだと 思ったけれど 僕のそばにいる君は その花よりも ずっと きれいな女の子だと思いました〉

 2巻について→こちら
 1巻について→こちら
 
・その他最富キョウスケに関する文章
 『青春サバイバル』について→こちら
 『ペンギンプリンス』について→こちら
 『プリキュウ』について→こちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/158134884