ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2010年07月25日
 もはや先週と同じ気持ちでその場に居合わせることは叶わなかった。周知のとおり、今後もメンバーを1人引いた状態でKAT-TUNの活動は続くことがほぼ確定的になってしまったせいである。もちろんそれは、現在のツアーが発表された段階で、十分に考えられるものであった。しかし考えうるかぎり、もっともあって欲しくないものであった。いずれにせよ、寂しい? と問われたなら、寂しい、と答えるしかないんだ。いやたしかに5人のKAT-TUNもまず間違いなくKAT-TUNなのだったが、そのことは決して6人のKAT-TUNをKAT-TUNではなかったとはしないのであって、双方をKAT-TUNとして認められる以上、あるいは双方がまったく同じではない以上、前者が後者の、後者が前者の、いちばん近い比較対象になるよりほかない、にもかかわらずそれは必ずしも幸福な見方とはなれないのが、寂しい。

 要するに、「KAT-TUN LIVE TOUR 2010 PART2:WORLD BIG TOUR」を観るのは二度目であった昨日(24日)、グループを取り巻く状況が状況なおかげで、赤西仁という不在を痛切に意識せざるをえなかった。

 セット・リストや演出は、先週と今週とで、そう大きく変わらない。たとえば田中くんのソロ・コーナーに女性のダンサーが登場せず、きわどさは以前よりも控えめになっていたのは、まさかPTAに怒られたわけではあるまいね、なのだけれども、そのような変更はあくまでも細部に止まるであろう。したがって、初見のときよりもいくらか冷静にショーを眺められたのだったが、やはり「Keep the faith」や「DON'T U EVER STOP」のようなドライヴとグルーヴに、赤西くんのヴォーカルが入っていないのは、パワー・ダウンの印象を免れない。オリジナルのヴァージョンとは完全に出力が違うのであって、こればっかりは他のメンバーが達者にフォローしようとすればするだけ、欠落のほうが際立ってしまう。重要なのはそれが、6人が5人になったという単純な数の引き算によって生じているのではなく、赤西仁の個性を誰も肩代わりできないことの証明になっている点である。

 もちろん、赤西くん抜きで新しく設定されたコンビネーションを悪くいっているのではない。5人のKAT-TUNには5人のKAT-TUNならではの魅力がある。「Love yourself 〜君が嫌いな君が好き〜」や「THE D-MOTION」の、改められ、新しくされたヴァイブレーションはそれを教えている。しかし同じく6人のKAT-TUNには6人のKAT-TUNならではの魅力があった。すでに述べたように、今はただ、その差異があきらかであればあるほどに、寂しい。

 ところで映画『BANDAGE』に、赤西くん演じる主人公が女性マネージャーから「あんた、ソロで何やるの」みたいなことを言われるシーンがある。このタイミングでDVD化されたのは、あまりにもアイロニックで、胸が痛いよ。感傷的すぎるかな。

 7月16日の公演について→こちら

・その他KAT-TUNに関する文章
 『NO MORE PAIИ』について→こちら
 「Going!」について→こちら
 「Love yourself 〜君が嫌いな君が好き〜」について→こちら
 『Break the Records -by you & for you-』について→こちら
 「RESCUE」について→こちら
 「ONE DROP」について→こちら
 「White X'mas」について→こちら
 『KAT-TUN III - QUEEN OF PIRATES』について→こちら
 「DON’T U EVER STOP」について→こちら
 「LIPS」について→こちら
 「喜びの歌」について→こちら
 『Cartoon KAT-TUN II You』について→こちら
 『Live of KAT-TUN “Real Face”』DVDについて→こちら
 「REAL FACE」について→こちら

 DVD『KAT-TUN LIVE Break the Records』について→こちら
 DVD『KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES』について→こちら

 コンサート『KAT-TUN LIVE TOUR 2010 公開リハーサル』(4月28日・さいたまスーパーアリーナ)について→こちら
 コンサート『不滅の10日間ライブ KAT-TUN TOKYO DOME 2009』(09年・東京ドーム)
  6月15日の公演について→こちら
  5月22日の公演について→こちら
  5月18日の公演について→こちら 
 コンサート『KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES』(08年8月5日・東京ドーム)について→こちら

・その他赤西仁、LANDSに関する文章
 『Olympus』について→こちら
 「BANDAGE」について→こちら

 コンサート『赤西仁 Star Live 友&仁 You&Jin』(2010年2月8日・日生劇場)について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(2010年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック