ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年03月25日
 ヤスコとケンジ 2 (2)

 突然降ってわいたケンジのお見合い話に、ケンジに想いを寄せるエリカは心中穏やかではない。エリカの恋を応援したいヤスコは、断固お見合い反対のスタンスであるが、しかし、はたして現れたお見合い相手は、ケンジが描くマンガのヒロインそっくりなルックスなのだった。アルコ『ヤスコとケンジ』もいよいよ2巻目なのだけれど、コメディとしてみたばあい、ややファニーさに欠けるような気がするし、ハートフルな部分に着目しても、ドタバタした感触の先走りのせいで、いささかエモーションが上滑りな感じがしないでもない。けれど、それというのはもしかすると、僕がキャラ読みのできないタイプの人間だからなのだとしたら、こっち側の問題になるのかもしれないが、うーん、たとえば番外編として収められている「モスの恋編」は、要するに、美女と野獣的なモチーフなのだけれども、オチに年齢の大幅なひらきを持ってくるにしても、西村博之『道士郎でござる』における、早乙女(前島)のワン・エピソードと比べてみれば、どうも落としどころに決定的な弱さを覚える。まあそこで、比較対象自体が間違っているとわれると困ってしまうのだが、そうか、ならば川原泉『笑う大天使』の兄妹にはあったような、デコボコの連係が、ケンジとヤスコのあいだでは、あまりうまく働いておらず、じつはそこのところ、作風の違いの一言で片付けられる問題ではなくて、根本における作者の足場の脆さを物語っているのではないか、と勘ぐったりもする。ひょっとしたら僕の期待値が高すぎるのかしら。

 1巻について→こちら

 『三つ編と赤い自転車』について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック