ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2010年04月29日
 不安がないといえば嘘になる。しかしながら結局のところ、大丈夫なんだぞ、大丈夫、これまでだっていくつもの逆境を乗り越えてきたじゃないか、だからKAT-TUNは大丈夫なんだぞ、と思う。渡米を理由にした赤西くん二度目の離脱を受けての今回のツアー、もちろん、グループに6人揃っているのが真の姿である以上、1個のピースが不足していることは、単純に引き算にしかならない。ファンにしてみたらこれほどの不安はそうそうないのであったが、それでも当人たちが、とりあえずは前向きに歩みを進めるよ、と決めたのであれば、付いていくしかないのであって、はたして是と非のどちらに自分の心が傾くのか、確認するためにも、戸惑いながら、昨日はさいたまスーパーアリーナへ、公開リハーサルと銘打たれた公演を観に行ったのだった。

 結論はすでにいったとおり、大丈夫なんだぞ、こう信じられるだけの成果を得られたように感じられる。本格的なツアーがまだスタートしていない段階であるので、ショーの内容に詳しく踏み込むことは避けるけれども、いやいや、じっさい公開リハーサルという名目がどういった内容を指すものなのか、事前にはまったく予想がつかなかったのだが、おおよその流れだけが決まっているなか、セット・リストも決定的とはなっておらず、赤西くんのパートの振り分けをメンバーが忘れてしまう箇所もあり、バック・スクリーンや特殊効果が正常に機能していない場面もたびたび、楽曲の途中にストップがかかったり、中断も少なくはなく、コンサートとして評価するにはあまりにも未完成だったし、間違いなくファン・サービスの域を出てはいなかったものの、あるいは課題を多く残していたがゆえに、おそらくは今後それらが修正されていけば、おお、と感心させられるだけのステージが繰り広げられるかもしれない可能性、期待を十分に受け取ることができたのである。

 あの、赤西くんの、ヴォーカルの力強さを欠いている点が、楽曲の線すら細くさせてしまっているかのような印象は、たしかにあった。これはもう、いくら他のメンバーがフォローし合おうが、拭えないところだろう。だがかわりに目立ち、以前にも増して顕著となっていたのが、田中くん(JOKER)のラップであり、中丸くんのヒューマンビートボックスであって、音楽性の面を考えるなら、この両者の存在感が、5人編成のKAT-TUNにとって重要なキーであることは疑いようがない。少々ネタを割ってしまうことになるのだけれども、初期のナンバーに属し、田中くんと中丸くんのスキルの遺憾なく発揮された「ONE ON ONE」が、まさか、というか、やはり、というか、このとき披露されたのは、じつに象徴的であった。一方、もしかすれば6人編成のKAT-TUNにおいてニュー・アンセムたりえた「Love yourself」のクライマックス、赤西くんのオートチューン・パートに託されていたフックが、田中くんの壮烈なラップに差し替えられていたのは、ヴァージョン違いとしては全然あり、どころか楽曲のインパクトを新しくしていて、ひじょうにかっこうよかった。

 ほかにも、上田くんのソロ・ナンバーが意外なほどすぐれた今様のギター・ロックで驚かされる等々、触れたいところはあるのだったが、それはまあ、本番のコンサートをレポートするさいに残しておきたい。いずれにせよ、だ。たしかにコンサートと呼ぶには正直めちゃくちゃ、とっ散らかったステージは、公開リハーサルとエクスキューズするより仕方がない。しかし、たとえメンバーの1人を(一時的に、でいいんだよね)欠いたとしても、KAT-TUNは自分たちがKAT-TUNである理由を背負い、前進、将来を諦めず、描き、歩み続けることを選んだ、それだけはしっかりと確認されたのであって、よし、大丈夫、まだまだこのグループに付いていける、当然不安はあるよ、でも大丈夫なんだぞ、あらためて気持ちを昂ぶらせた次第である。

・その他KAT-TUNに関する文章
 「Love yourself 〜君が嫌いな君が好き〜」について→こちら
 『Break the Records -by you & for you-』について→こちら
 「RESCUE」について→こちら
 「ONE DROP」について→こちら
 「White X'mas」について→こちら
 『KAT-TUN III - QUEEN OF PIRATES』について→こちら
 「DON’T U EVER STOP」について→こちら
 「LIPS」について→こちら
 「喜びの歌」について→こちら
 『Cartoon KAT-TUN II You』について→こちら
 『Live of KAT-TUN “Real Face”』DVDについて→こちら
 「REAL FACE」について→こちら

 DVD『KAT-TUN LIVE Break the Records』について→こちら
 DVD『KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES』について→こちら

 コンサート『不滅の10日間ライブ KAT-TUN TOKYO DOME 2009』(09年・東京ドーム)
  6月15日の公演について→こちら
  5月22日の公演について→こちら
  5月18日の公演について→こちら 
 コンサート『KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES』(08年8月5日・東京ドーム)について→こちら

・その他赤西仁、LANDSに関する文章
 『Olympus』について→こちら
 「BANDAGE」について→こちら

 コンサート『赤西仁 Star Live 友&仁 You&Jin』(2010年2月8日・日生劇場)について→こちら
posted by もりた | Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽(2010年)
この記事へのコメント
こんにちは。
ジャニーズweb内の田中聖君のブログに今回のツアーに関して、まず謝罪の言葉があり、不安や決意やメンバーへのこれまでの愛憎、プロとしての誇り等々熱い思いが書いてあり感動したばかりでしたので、こちらで記事を拝読して森田さんの慧眼にまた改めて驚きました。森田さんがジャニーズwebに加入されていらっしゃらないようでしたら、ぜひどなたかに頼んででも読んでいただきたいぐらいです…(笑)
tumblrの大橋のぞみちゃんのインタビューの抜粋の仕方に大笑いしました。森田さんは資料としての記事を集めていらっしゃるのかと思っていたのですが、単純に面白いものも載せていらっしゃるのでしょうか。
Posted by @ at 2010年05月02日 16:39
@さん、コメントありがとうございます。

ジャニーズweb入っております。田中くんの文章読みましたよ。(田中くんの人柄というか、こちらが彼のイメージに重ねるからでもあるのでしょう)ストレートに感情が綴られており、たしかにたいへん心を動かされるものがありましたね。最初目を通したさい、恥ずかしながら、じーんときてしまい、ああファンでよかった、とすら思ってしまいました。

tumblrは、とくにテーマを決めてやっているわけではないので、ほんとうに適当なのですが、ただ大勢の方が拾っている情報は、インターネットであれこれしていると、否応なしに目に入ってくるものが多いので、わりとそこから外れるもの、もちろん、それでいて自分の興味があるものを、なるたけ拾うようにしております。
Posted by もりた at 2010年05月02日 18:59
お返事ありがとうございます。
私もジャニウェブを読んだ時には本当によかったなあと救われた思いがしました。
田中君の言葉はなんだかKAT-TUNのカラー程には洗練されていないようなその無骨さがいつも胸にきます。なので、私はRAPは詳しくないのですが、彼のRAPも、RAPだからこんな事が言えるんだろうなとは思わず、全部彼にとっての本当なんだろうなと感じられます。
Posted by @ at 2010年05月05日 05:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/148165594