ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年03月10日
 卓球Dash!! 3 (3) 

 本田真吾の『卓球Dash!!』は新刊が出るたびに何か書こうかとは思うのだけれども、正直なところ、いまいちマンガのなかに入っていけないので、どうも先送りにしてしまう。結局、ヤンキー・マンガのヴァリエーションとしてみるべきなのか、それともスポーツ・マンガのヴァリエーションとしてみるべきなのか、もちろんそれらのミックスなのか、そういったバランスが僕のなかでうまくとれないからなのだと思う。じっさい卓球のシーンもケンカのシーンもあまり燃えないというのもある。登場人物の性格(キャラクター)のみで、物語が引っ張られているというか。いちばん近いのは、馬場康誌『空手小公子 小日向海流』を読んでいるときの感覚かなあ、という気がしないでもない。そういえば本田も馬場も代々木アニメーション学院の出身だ。しかし、あれはあれでビルドゥングス・ロマン的な側面を備えているのに対して、こちらはそういった部分すらも排除されてしまっているふうに思えるのである。とはいえ、この巻の終わりあたりにおけるケンカの描かれ方には、なかなか魅せるものがあったので、もうしばらく様子をみたい。あ、また先送りだ。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック