ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年03月06日
 けっこうな回数を聴いてみてはいるのだが、どうも僕のなかでうまくENDLICHERI☆ENDLICHERIという存在を掴めずにいるのだった。この戸惑いは何だろうとちょこっと考えてみたのだけれど、たとえば他のアーティストでいえば、椎名林檎と東京事変、宇多田ヒカルとUTADA、COCCOとSINGER SONGER、中村一義と100S、などにおいて、やはり個人的には後者の表現に入りにくい、堂本剛とENDLICHERI☆ENDLICHERIの関係は、それと似ているのかもしれない。もちろん、それぞれ立場や状況が違うわけであるが、しかしニュアンス的には、それぞれ思春期的な傾きの変化と受けとれ、そのような意味で、近似のかたちをとっているふうにも思える。要するに、サウンドのなかに提示されているイノセントのようなものの造型に対して、なにか引っ掛かりを覚えてしまうのだろう。年齢を重ねるということは、つまり、ピュアな時代との距離が広がってゆくということなのであり、そこにあるジレンマがそのまま、楽曲のキャッチーさを損なうものとしてENDLICHERI☆ENDLICHERIのファースト・アルバム『Coward』を取り巻いているみたいだ。いや、たしかにフックの鮮明な作品ではない、とはいえ、打ち込みのかなりかっこいい1曲目「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」に象徴的なようにインスト・パートは、なかなか聴かせる。まあ、そうした演奏部がイケているというのは、堂本剛名義のときからそうなのだけれども、だから、ここで問題であるのは、それがアーティスト当人の主導によるものなのか、あくまでもアレンジャーの力量であるのか、すくなくとも聴き手の側からすれば、いかにも判然としがたい点なのだ。言い換えると、個性がどこに宿っているか不明瞭ではないかな、ということである。いやいや、ENDLICHERI☆ENDLICHERIの個性とは、何がどうあっても、剛くんの詞と声、歌であることに間違いはなかった。そのことはラスト・ナンバー「これだけの日を跨いで来たのだから」の、すばらしく、すばらしい情緒が実証している。〈悲惨な出来事なんて あるのが当たり前じゃない これだけの日を跨いで来たのだから あたしたちはね 歩んでいるの 一歩一歩と人生って道を〉とうたわれるとき、そこでは今という位置とピュアな時代との距離が正確に測られており、そういった認識が唯一、楽曲と歌声に凜とした響きを促しているのである。

 「ソメイヨシノ」シングルについて→こちら
 『僕の靴音』について→こちら
 [si:]について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/14279928

浮上。
Excerpt: Kinki Kidsの堂本剛が、ソロでの音楽活動を中心としたプロジェクトにENDLICHERI★ENDLICHERI(エンドリケリー★エンドリケリー)という冠を付け、シングル『ソメイヨシノ』、そして..
Weblog: ROCKDENASHI横町
Tracked: 2006-03-09 15:29