ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2004年12月26日
 完結。外薗昌也のマンガは、ダラダラと続くよりは、このぐらいコンパクトにまとまっていたほうがいいのかもしれない。しかし、これ、ものすごいアイロニーである。いっけん人間の叡智や心のようなものが未知のウィルスに勝ったようにも見えるのだけれども、もちろん、そんなことはなくて、ただの生命力によるものだったというのは、文明の全否定になるわけだ。それにしても。人類を滅ぼそうとする部分と、最終的には救ってしまう部分、どちらが外薗の本質なのかっていうのが、いまだによくわからないのが僕である。

 第1巻についての文章→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック