ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年02月22日
 星のカギ、魔法の小箱―小谷真理のファンタジー&SF案内

 『星のカギ、魔法の小箱』は、副題にあるとおり、小谷真理によるファンタジーそしてSF小説のすごく親切なガイド・ブックといった趣である。もともとは読売新聞に連載されたもので、そのおおもとを僕は拝見したときがないのだけれども、「です・ます」調のやさしく諭す文体から察するに、かなりの若年層に向けて書かれたものなのだろう。とはいえ、取り上げられている作品のなかには、なかなかハードなものが含まれていたりもする。じつはこれを手にとったのは、僕個人がファンタジーやSFに浅いタイプの人間であるからなのだが、ここに紹介されているものの(映像化されたものも含めるならば)8割方は目を通したときがあるものであった。そのような意味では、わりとベーシックというかスタンダードなものをピック・アップしているのかもしれない。また、正直なところ僕はといえば、小谷のわりと堅めの評論は、相性の問題なのだろうが、かなり苦手な口なのだが、これは単にライトな読み物として、けっこうおもしろかった。それというのは、要するに、ガイドに徹底する仕方が巧いということなのだ、と思う。単純にいうと、ネタを割らないで概要を説明する、つまり、物語の奥深さを匂わせながら、その入り口だけを指し示したものとして、きっちりと役割をこなしている。世のなかには、これが出来ていない案内書が、思いのほか多い。まあ、こういうのはスキルの問題なのかもだが、僕もまた不得手とするところでもあるので、ほほうと感心する。これまで機会のなかったハル・クレメントの『20億の針』は、そのうち読もうかという気になった。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

河童 デジタルリマスター
Excerpt: DVD待ってました!初めて観たのはもう十数年前。当時は、独身で自分の親父の事を思い出して感動した映画でした。あれから、時を経て自分が駆け出しの父親になってもう一度ビデオで見直したら、当時よりも感動しま..
Weblog:
Tracked: 2007-10-24 06:32