ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2009年12月17日
 村田真優の読み切り作品集『妄想シンデレラ』には、とてもチャーミングなラヴ・ロマンスが詰まっている。はっきりいって、技術的に拙い部分も少なくはないし、いかにも若年層向けの少女マンガ的な甘い展開に終始しているのだが、おそらくはその様式に対する作者の信頼が、まあね、と斜に構えながらも、思わずはっとさせられてしまうシーンをたくさんつくり出しているのである。ほとんどすべての作品が、まだ社会的に幼い少女が同じ年頃の少年に出会い、運命的な予感に誘われて片想いし、どうにかそれを実らせようとする、型のフォーマットを採用しているのだけれども、とりあえず表題作がよい。シンデレラの昔話に憧れるヨッピー(由那)は、いつか素敵な王子様が自分の目の前に現れてくれることを心から信じている。そしてそのときは早々に訪れたのだった。歩道橋から転げそうになったところを別の高校に通う男子に助けられたヨッピーは、その彼、レンに一目惚れ。猛烈なアタックを開始するが、大勢にもてるレンからしてみれば毎度のことで、軽くそれをかわされてしまう。しかし諦めずに、彼のことをよく見、笑顔で接し続け、ついには二人きり、デートの機会を得ることとなる。というのが、だいたいのあらましで、そうしたストーリー自体がどうというより、そうしたストーリーのなかに恋の魔法がたしかに存在するという瞬間のはっきりとあらわされていることが、ひじょうに鮮やかな印象を導く。言い換えるなら、あくまでも魔法が魔法であることのダイナミズムをしっかり掴まえることで、ヒロインのときめきに眩く眩いほどの輝きが与えられているのだ。もちろんそれを、コマ割りからモノローグから何から何までひっくるめ、様式の強さといってしまっても構わない。だが、その様式をまっとうすることに技術の面を補って余りある精力が傾けられている以上、作品には読まれるべき価値が含まれることを、「妄想シンデレラ」は証明していると思う。いや、それは他の作品も等しくいえるのだが、なかでも「シュガー中毒Part.1 Sugar.1素直になれないマシュマロ」、「シュガー中毒Part.2 Sugar.2蝶と蜜」、「こんな夜空に、月」の三つが、たまらなく、好き。うんうん、こんなにも素敵な場面がありえるとすれば恋の魔法を信じてもいいよ、という気分になれる。

 『ドクロ×ハート』について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(09年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック