ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年02月19日
 SCRYED.jpg

 『チャンピオンRED』4月号掲載の読み切り。きた。これだ、これこそが、僕の心の拠り所、生きてく強さを教えてくれるものであろう。〈青春のまっただ中で・・・!! よそ見をするなッッ!!! 直情のシェルブリット!!!〉。もはあー。これなんだよな。これ、『スクライドビギンズ』は、『スクライド』本編の前日談というかたちをとっており、カズマとクーガーがコンビを組んでいた時代が描かれているのであれば、もうそれだけで燃えてくるシチュエーションだぜ、といったところである。〈『逃げる』気か!?〉〈誰にもの言ってんだ!!?〉〈フッ そうだった そんな弱い考え方はしないんだったな〉〈なんたってお前は・・・反逆者(トリーズナー)のカズヤだからな・・・〉〈カズマだ!!〉。こういったやりとりからして、ファンには充分、いや十二分以上に、たのしい。直接的な絡みはないが、劉鳳やシェリスが登場してくれるのも、うれしい。また『武刃街』を経て、悪ノリの度合いを高めた黒田洋介のセンスは、映像化のさいに自身が脚本として携わった所以なのだろう、ホーリーランドな政治家とハチミツなホーリー隊員をロスト・グラウンドに召還している。〈受けろ!! 『片思いの痛み』!!! そして・・・『届かない想い』を!!!〉。馬鹿丸出しである。だが、それがよろしい。そして戸田泰成は、かつてよりも増した迫力で、漢(おとこ)たちの生き様を、場面場面に刻み込むかよお。〈男気には男気で応える必要がある・・・〉。ああ、いつかは身につけたいものだな、〈男頼み!!!〉というものを。やはり、いいところを全部かっ攫っていくラディカル・グッドスピード、ストレイト・クーガーのような、粋なやつに、僕はなりたい。つうか、まあ、そう思うだろ、あんたも。

・その他黒田洋介関連の作品に関しての文章
 『武刃街 斬皇伝説』2巻について→こちら
 『武刃街 斬皇伝説』1巻について→こちら
 『未来改戦Dクロゥス』3巻について→こちら
 『未来改戦Dクロゥス』2巻について→こちら
 『未来改戦Dクロゥス』1巻について→こちら
posted by もりた | Comment(3) | TrackBack(1) | マンガ(06年)
この記事へのコメント
イェス!!
Posted by スクライダー at 2006年02月21日 20:45
ノーとしか言わないはず・・・!?
Posted by スクライダー at 2006年02月21日 22:29
絶対にノウ
Posted by たかまちフェイト at 2009年05月29日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

スクライドビギンズ
Excerpt: ... ただ中で・・・!! よそ見をするなッッ!!! 直情のシェルブリット!!!〉。もはあー。これなんだよな。これ、『スクライドビギンズ』は、『スクライド』本編の前日談というかたちをとっており、カズマ..
Weblog: 人気Blogランキング[今週1位]
Tracked: 2006-04-16 23:05