ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2009年09月13日
 RAIN【初回盤】 RAIN【通常盤】

 さしあたり名義の違いはともあれ、堂本剛のディスコグラフィとは要するに、Mr.Childrenや椎名林檎という同時代のソング・ライティングに影響を受けたアイドルが、ジミ・ヘンドリックスやスライ&ザ・ファミリー・ストーンなど洋楽の古典に傾倒する一個のミュージシャンへと変質してゆく過程であった。そのことはまずリズムのタイプとなってあらわれた。ファンク・ミュージックのアプローチが、音楽性のなかで主体化していったのである。本格的といわれれば、たしかにそうだろうと説得されるような。しかし同時に、日本語ポップスならではのとっつきやすさは、ずいぶん後退されたように思う。今回リリースされた『RAIN』という音源は、ENDLICHERI☆ENDLICHERI、244 ENDLI-x、剛紫ときて、ふたたび堂本剛にクレジットを戻しての制作となるが、サウンド自体は、決して『ROSSO E AZZURRO』(02年)や『WAVER』EP(04年)の頃には帰っていない。むしろ、剛紫の、ギミックを取り払い、ロー・ファイともとれるスタンスのまま、バンド・サウンドの志向を高めている、という意味で、やはり、今までのディスコグラフィの延長線上に置かれるべき作品にほかならない。また、複数人でプレイするバンド・サウンドに比例してか、詞のレベルにおいても、剛紫の内向性とは異なり、外へひらけるふうな印象がつよまってもいる。基本的にはシングルの扱いではあるけれど、タイトル・トラックは初回盤のみに収録のインストゥルメンタルであって、もしかすれば初回盤と通常盤ともにトップを飾っている「Sunday Morning」がメインにあたるのかもしれないが、たぶんもっとも注目すべきなのは、初回盤、通常盤、双方の2曲目に入っている「音楽を終わらせよう」である。「音楽を終わらせよう」は、すでにコンサートではジャム・セッションのなかに組み込まれていたナンバーで、いや、より正確を期すなら、おそらくはそのジャム・セッションのなかから派生したナンバーで、つまりは、おおきな流れの一部を切り取っているにすぎないといえる。12分以上もある演奏の時間は、ポップ・ミュージックの構成からすれば、もうすこし練られる必要があったのではないかと感じられる一方、だが違う、この長尺なフィーリングこそが「音楽を終わらせよう」の本質なのだとも受け取れる。先(9月11日)の『ミュージックステーション』では、3分程度にまとめられたヴァージョンが披露されたけれども、メロディよりもグルーヴを聴かせる、という点では、当然、インパクトは弱まっていた。通常盤の3曲目であり、13分以上ある「FUNK-SE○SSION」も、「音楽を終わらせよう」と同じく、コンサートのジャム・セッションでうかがえたものの一部だと思う。〈Funkyな・Spaceyな・Lovelyな・Funk Music〉というフレーズには、〈奏でろ〉というフレーズには、〈愛を犯しに行こうか〉というフレーズには、たしかに聞き覚えがある。ところで「音楽を終わらせよう」というのは、否定的な、ネガティヴなニュアンスを含んでいるだろうか。そうではない。いつまでも音楽が続き、それに身を浸しているかぎり、現実からは遊離した時間が流れる。尊く貴重な夢の最中にいるのにも似た。だからこそ〈ずっと終わりたくない…終わりたくない〉、そうヴォーカルはうたうのだし、楽曲はいつまでも引き延ばされる。しかし、現実を忘れてはならない。この決意が〈音楽があるけど・終わらせよう・未来の為に〉というリフレインを呼び、転調、解放のダイナミズムによって、エンド・マークを導いている。

 コンサート『ENDLICHERI☆ENDLICHERI CHERI 4 U』(09年8月19日・国立代々木競技場第一体育館)について→こちら

・その他堂本剛に関する文章
 『空 〜 美しい我の空』『美 我 空 - ビ ガ ク 〜 my beautiful sky』について→こちら
 『I AND 愛』について→こちら
 『Coward』について→こちら
 「ソメイヨシノ」について→こちら
 [si:]について→こちら

 『僕の靴音』について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽(09年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/127929969

堂本剛/RAIN(初回盤)の動画がご覧になれます。
Excerpt: PV視聴 動画 - 動画検索.comでは、堂本剛/RAIN(初回盤)の動画がご覧になれます。
Weblog: 動画検索.com
Tracked: 2009-09-18 19:00