ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2009年09月02日
 PLAYZONE2009 太陽からの手紙 オリジナル・サウンドトラック

 ミュージカル『PLAYZONE2009 太陽からの手紙』のショー自体は未見のため、ボーナス・トラックの扱いであるKis-My-Ft2の音源「Hair」をほとんど目当てにそのサウンド・トラックを聴いてみた次第なのだけれども、いや、これがなかなか、ジャニーズ・ポップスのコンピレーションとして十分楽しいアルバムであった。とりあえず、そのことは序盤の4曲によく出ているし、とくに、携帯電話という装置の利便性を、あえて軽薄な歌詞であらわしながら、陽気なアイリッシュふうのトラックに乗せた「ケータイ天国」は、単純にキッチュかつファニーなナンバーとなっており、好き。〈大事な連絡さえ・メールですむ時代・「好きだよ」も「さよなら」もたったの4文字〉なのであって〈だから・好きさ好き・大好き・ケータイが大好きさ・なんだって・出来ちゃう・便利やヤツ・ケータイ天国〉というコーラスは、ひじょうに軽薄だが、今ふうの言葉でいうならリアルだろう。メロディもじつにキャッチーである。おそらく実際のショーの進行にそっていると思われるのだけれども、「ケータイ天国」のあと、大げさな悲哀が大げさなギターと大げさなオーケストレーションに合わせて響く「若者よ何処へ行く」が続くのは、まあね、ちょいとトゥー・マッチな構成ではあるが、決して悪くはなく、中盤に入ってくるラップに、(嵐の、初期の)櫻井くん、(KAT-TUNの)田中くん、そしてKis-My-Ft2へと継承される若者の、大人が気に入らねえ、粋がり、つっぱったトーンが生かされている。反対に、2曲目の「Tell Me Why」は、いかにもアイドル歌謡な演奏のなか、ヒップホップふうのテイストを盛り込み、この手のミクスチャー路線におけるポップ性を前面化するのであった。おもなヴォーカル・パートを担当する面子を、屋良朝幸、内博貴、藤ヶ谷太輔、北山宏光と並べていったとき、もっとも特徴的なのは、やはり北山くんで、9曲目の「オ・シャ・レ」において、しばしば(演歌などでいうところの)こぶしがきいているようにも受け取れる彼の資質が、ダンサブルなムードを盛り上げてゆく。その、北山くんと藤ヶ谷くんの、ラップもありのツイン・ヴォーカルがひじょうにセクシーなのは、当然、Kis-My-Ft2の「Hair」で確認される。「Hair」、正しくKis-My-Ft2のイメージどおり、ヘヴィなギターをうならせたロック調のナンバーではあるものの、同様の趣向でグループの代表曲となっている「Fire Beat」とは違い、テンポを落とし、ダイナミズムを濃くすることで、グラマラスな側面を強調するかっこう。先行するKAT-TUNとの差異を明確に打ち出しているとは言い難いが、楽曲そのものの激しさ、インパクトは、抜群に決まっている。「Hair」と同じく、ボーナス・トラックの扱いで収録されている「3ピース」は、内くんとQuestion?のコラボレーションである。個人的に、内くんの甘いヴォーカルはたしかにアイドルらしい魅力を持っているのを認めるが、あまりハード・ロックしている楽曲には向いていない気がする(関ジャニ∞の「Heavenly Psycho」ぐらいの案配がちょうどいい)。自身のライブはもちろん、数々の大舞台でバックをつとめてきたQuestion?の演奏はさすが、中盤、ギターとキーボードの織り成すコントラストが、まばゆいほどのスリルをつくり出していて、いやもう、バンド体制ならではの見せ場をほんとうによくわかっている。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(09年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック