ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2006年01月31日
 村上もとか叙情傑作選SNOW

 小学館の雑誌に掲載された作品がおもなものであるが、なぜか実業之日本社から出た、村上もとかの短編集。表題に「叙情傑作選」とあるように、わりと泣かせ系の話が詰まっている。村上に関しては、青年誌に活動を移してからというもの、それほど熱心な読み手ではなかったので、ここに収められたほとんどのマンガは、今回はじめて目にした。が、しかし、たとえば『風を抜け!』の1巻におけるケンカのシーンが大好きな僕からすると、これでいえば「紅蓮の剣」あたりで見られる、「動」的な表現こそがこの作者の魅力だよなあ、といったところである。やはり活劇を描いて欲しい。とはいえ、アルツハイマーをファンタジックなものとして扱った「あなたを忘れない」を読むと、思わず涙腺が緩んでしまうのも、また正直な話であった。これはこれで、そのキャリアゆえの手際か。「あなたを忘れない」もそうのだけれども、ひとつ、死というものが、すべての作品に通底してあるのだろうか、という気がする。死を拒むのではなくて、生をまっとうしたものとして、受け入れる姿形が、一連のドラマとして展開されている。いや、それはもしかすると、村上というマンガ家が、初期の頃から取り扱ってきたテーマである、といえるかもしれない。そういえば、少年誌で活動していたときも、死と隣り合わせの青春ばっかり描いてんだ。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(06年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック