ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2009年08月06日
 ファースト・アルバム『テゴマスのうた』のタイトルが教えるとおり、テゴマスというグループの核心はあくまでも歌、ゆったりなメロディをやさしく重ねてゆく美声こそが最大の魅力であって、ロックやダンスのモードに頼らない楽曲がほとんどなため、これはコンサートなんかだとマイルドすぎるんじゃないかなあ、十分に盛り上がれるのかい、と思っていたのだったが、いやいや、すまん、自分が間違っていた、舐めてた、完全に侮っていた、と猛省せざるをえない。昨日(5日)、国立代々木競技場第一体育館で行われた「テゴマス1stライブ テゴマスのうた」(夜の部)を観に行ったのだった。するとまあ、なんてことだろうね、そのハイなパフォーマンスに見事やられてしまったのである。

 いちばんの特徴は、ふつうジャニーズのショーであったなら、ときにはあらかじめレコーディングされたトラックを用い、場合によってはリップ・シンクも辞さないのに対し、全編、プロのミュージシャンによる生のバンド演奏、そしてメインの二人が目いっぱいに声を張り上げ、スタジオ音源以上に、伸び伸び、熱の入ったヴォーカルとサウンドを聴かせ続けたことで、ほんとうにそれが油断のならないぐらい、内容を抜群にしていたのはあきらかだった。

 テゴマスとしては、今回が初となるフル・スケールの本格的なツアー公演を象徴するみたいに06年のファースト・シングル「ミソスープ」で幕を開けたその時点で、動いて魅せる、というよりも、歌って魅せることに焦点を合わせていることがうかがえた。先ほど触れたように、バックの演奏の贅沢な支援を受け、舞台の上に姿をあらわした手越くんと増田くんの二人は、おどろくほど堂々としている。つねづねシンガーとして達者だとは思っていたが、まさかここまで立派だとは思わなかったぜ。いくつかのナンバーは、率直に言って、アルバムの印象を越えている。第4弾シングルである「七夕祭り」に収録されていた「はなむけ」の、あの中盤で響き渡るギターのソロ、そしてテゴマスのハーモニーはたいへんうつくしく、『テゴマスのうた』のなかでもっともロック調のアレンジで奏でられる「POWER OF EARTH」は、そもそものハードさにも増して力強いイメージで固められている。

 おそらく「POWER OF EARTH」の前あたりだったか、空中を移動するブランコにそれぞれ乗って、中央のステージに移動してきたのは、なるほど、のちのちの構成を踏まえるのであれば、アコースティックのコーナーへのうまい繋ぎになっているわけだ。ギターの二人と四角形になるようストゥールに腰をおろすと、「くしゃみ」と「サヨナラ僕の街」のじつにせつないムードたゆたうナンバーが披露される。あわい余韻がかたちづくられる。そしてこのあたりを一つの区切りとし、じょじょにコンサートのテンポはアップしてゆくのである。二人が左右にわかれ、特殊な装置の上に立つと、2階席のほうの観客にまで笑顔が届く位置にまでアップするしたり、移動式の馬の乗り物にまたがって、アリーナの、まさに客席のあいだを一周したり、そういうところは正しくアイドルのショーといった感じであって、とてもキュートな魅力を振りまく。とはいえ、やはり、アトラクションはプラス・アルファのサービスだと受け取れるレベルで、ヴォーカルはしっかり、はっきりとしている。

 一日に二公演をこなすという条件のせいかもしれないが、途中で息を切らしてしまうこともしばしば、歌詞を間違えてしまう場面もあったけれど、原曲に忠実であるよりは勢いの大切なライヴのシーンにおいては、必ずしもマイナスなっていない。むしろ生々しさがダイレクトに伝わってきさえした。

 にしても、ほぼ唯一のダンス・ナンバーとして組み込まれたトラジ・ハイジのカヴァー「ファンタスティポ」は、すっごくインパクトがあったな。「ファンタスティポ」、超ひさびさに耳にしたけれど、バンド・スタイルのヴァージョンもなかなかいける。一気にテンションが高まった。が、やたら若々しい手越くんにくらべ、増田くんがけっこうへたばり、ふたたび馬の乗り物を使い、後方のステージに移動したときには、当初は予定になかったという注釈付きのトークを挟むかっこうで一休み、しかしながらそれも仕方がないぐらいのパフォーマンスを繰り広げたことが、ラストのラストまで途切れない盛り上がりへと作用していったのは間違いなく、「僕らしく」と「終わらないで」の、ポジティヴなメッセージを含むアップ・テンポな2曲には、まじでちょっと感動すらしてしまった。

 アンコールも合わせ、終盤のハイライトに挙げたいのは、はかない情緒のしみじみ響き渡る「片想いの小さな恋」である。ああ、〈この片想いに・終わりがないのなら・それでもいい〉が〈この片想いに・終わりがあるのなら・教えてよ〉と、ラヴ・ソングのエモーションを、テゴマスの、二人のヴォーカルが、抑揚の内にひたむきな願いを込めながら、どこまでもどこまでも繊細に描き出す。『テゴマスのうた』のなかでもとくに好きなナンバーだったが、さらによけい好きになった。スウィートなメロディにゆらり揺られ、自分の気持ちが動くのを、たしかに感じた。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(09年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック