ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2009年06月03日
 kanjani.jpg

 しかしあれだよ、男性のエイター(関ジャニ∞のファンのこと)に歓声を呼びかけるワン・シーン、あそこで、うおお、とか、ハッスルできればいいのだけれども、たいへん気が弱い人間なので、いつもしゅんとなってしまい、申し訳ない。だって仕方がないじゃないか、見渡せば女性客ばかりのなか、ただでさえ場違いな感もあるのに、声を張り上げるのは、けっこう勇気がいるぜ。まあ、それはともかく、つまり昨日は『関ジャニ∞ TOUR 2009 PUZZLE』を観るべく、東京ドームへ行ったのであったが、じっさいには男女の性別関係なしに盛り上がれるほど、あれこれ趣向の凝らされたパフォーマンスに、わくわく、胸躍る。

 まず、オープニングのムーヴィーが流れ、照明が落ちる、アリーナの中央に設置されたメイン・ステージの幕が降り、巨大なスクリーンの貼られた天井部から八方(正確には七方か)を向くかたちで、個別のゴンドラに乗り、あざやかな光線をおびたメンバーが「無責任ヒーロー」をうたい、登場してくる、その演出が見事であった。そうして地上にまでくだったなら、「イッツ マイ ソウル」や「関風ファイティング」といったシングルのナンバーを次々に披露しつつ、観客とのコミュニケーションを試みる、のっけからクライマックスの勢い。「Heavenly Psycho」や「一秒KISS」のハード・ロックなアレンジもかっこうよかった。

 ショウの最中、とにかく思わされたのは、ああ、関ジャニ∞って、ほんとう器用なグループだよな、ということである。歌や踊りに加え、愉快なコントやトークまでをもばっちりこなしてしまう点のみを指して、そう述べるのではない。もちろん、たしかにそれもある。が、どこか一点でもバランスを欠いたら駄目、どこか一点でもテンションをしくじったら駄目、という絶妙な手綱さばきで、ショウをコントロールし、完成度を高めてゆくような才覚のありようを言うのである。

 個人的には、後半に入って、「アカイシンキロウ」から「ブリュレ」へ、炎があがるステージの真ん中で、ダンサブルな曲調に合わせ、メンバーがフォーメーションを組むくだりが、とくに素敵であった。「アカイシンキロウ」も「ブリュレ」も、今回のツアーに冠されているサード・アルバムの『PUZZLE』に収録されている楽曲で、このグループに特有の、要するに全般的にファンク歌謡ふうな方向性にあって、きらきらとしたポップのトーンを前面に打ち出しており、とくに後者は、ピッチのはやい打ち込みのリズムとギターの旋律が、せつない印象のメロディを、はげしく、はげしく盛り上げる、ハイ・センスな佳作である。それが、まさにジャストなタイミングだろうという抜群の演出、構成を得、出てくるのだから、たまらない。

 また以前に観たときも感じられたが、安田くんのギター、丸山くんのベース、大倉くんのドラムによるジャム・セッションのパートも、やたら本格的で、織りなされた重低音のグルーヴは、ちょっと馬鹿にできないよ。終盤のハイライトは、彼らの演奏がそのまま、他のメンバーのバックとなり、「Do you agree?」など、ヘヴィなスタイルのナンバーになだれ込んでゆく展開に尽きるだろう。こうした点も込みで、じつに器用なグループだと言いたい。

 余談になるけれども、前半に嵐の櫻井くんが、そして後半にはKAT-TUNの亀梨くん、田口くん、中丸くんが、顔を見せたのはさすがに豪華すぎだ。中丸くんと一緒に姿をあらわしたKAT-TUNのKとTの着ぐるみに、まさか、亀梨くんと田口くんが入っているだなんて、すこしは思いもしたけれど、ほんとうに入っていたら、おどろくに決まっている。

 コンサート『関ジャニ∞ えっ!ホンマ!? ビックリ!! TOUR 2007』(07年8月5日・東京ドーム)について→こちら

 『KJ2 ズッコケ大脱走』について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(09年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック