ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2004年12月01日
 ひととおり読んだ。乙一、北山猛邦、佐藤友哉、滝本竜彦、西尾維新の競作、リレー小説を読むと、やはり乙一の実力が頭ひとつ抜けていることがわかる。あと思ったんだけど、彼らの書く小説が、総じて東浩紀の「読み」(メタリアル・フィクション?)の範疇に収まっているのは、じつはあまり良くない気がする。それはそうとして。西尾維新の小説『携帯リスナー』のなかにある〈スレイヤーの『エンジェル・オブ・デス』。 これを聴き逃したら、ぼくじゃない〉ってところが、かっこいいな。なんでスレイヤーなのかはわからないけれど、固有名が持っている情報量みたいなものを、うまく扱っている感じがする。萌えキャラっぽいDJがかけるスレイヤー、っていうのは、たぶん狙いなんだろう。舞城王太郎『夜中に井戸がやってくる。』は独特なフォントが非常に見づらいんだけれど、僕だけだろうか。とにかく「と」という字が目障りだ。ぜんぜん関係ないけど、僕は田舎の子なので、ふつうに背戸っていう言葉は使うし、感覚としては馴染み深いのだけれど、そうじゃない人たちには、ちょっと違う雰囲気で読まれるのかもしれない。ただ内容としては、入れ替わりと家族、小説が書かれることなど、これまでの舞城の作品が持っていたテーマが反復されている反面、どことなく初期の作品を思わせるところもある。
 余力がないので、ここまで。

 浦賀和宏、北山猛邦の小説、東浩紀の評論に関しては、いずれ「はてな」のほうに書きます。


posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。