ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2009年03月13日
 RESCUE (初回限定盤) RESCUE (通常盤/初回プレス仕様) RESCUE (通常盤)

 なるほど、こうきたか、という感じもする。前シングル「ONE DROP」は、KAT-TUNというグループの、ハードでメロウなイメージを、バンド・サウンドの、短いインパクトのなかに凝縮してみせたナンバーであったけれど、この「RESCUE」では、同様のイメージを今度は、打ち込みのリズム、ダンサブルでピッチのはやいビートに落とし込んでいる。バラードである「White X'mas」を除き、「喜びの歌」よりこちら、ハード・ロックもしくはスピード・メタルな路線をアピールしていただけに、ある種のマイナー・チェンジが行われた印象を持てる。根本のせつなかっこういい部分はそのまま、曲調にあたらしいヴァリエーションをもたらしているのである。とはいえ、個人的には、「DON'T U EVER STOP」初回限定盤の、赤西くんと田中くんのソロ・ナンバーを収めたヴァージョンの、延長線上に、これを置きたい。耳当たり、ダークなトーンがそうだし、いかにもデジタルな時代のアレンジもそうだが、何より英語で歌われるコーラスの、そのメロディの、節の終わりが、どこか似ているふうにも響いているからだった。以前にも述べたとおり、LINKIN PARKのポップ性にも相通ずる。とすれば、今日的にモダンだということでもある。一方、反復を繰り返し、ワン・フレーズを繰り返す構成において、ポイントをわけて挿入される田中くんのラップと中丸くんのヒューマン・ビート・ボックスとが、とても効果的なアクセントとなっているのも見逃せない。ハード・ロックもしくはスピード・メタルな路線のナンバーにとって、後付けされたオマケ程度の魅力でしかなかったのに対し、ここでは必要不可欠な要素のごとく、立派に生かされているのだ。ところで、赤西くんによって歌い出され、亀梨くんがあとを続けてゆき、ハーモニーとなる〈誰かのためになんて / 生きれないと思った / こんな愛しくて / 大切なものを / 初めて見つけた〉という歌詞からは、たとえ作詞者が違えども、「YOU」の〈あなたのために生きていいかな〉という個所や、「喜びの歌」の〈生きてる / ただそれだけで / 君と走って行こう〉、そして「Lovin'U」の〈Lovin'U / 君がいないと / I miss U / ダメになってた〉などと同じく、すべてが「君と僕」に集約されるドラマを受けとれて、いや、それがもしかしたら、このグループに託された主旋律なのかもしれないが、だからこそ、ここで聴かれる〈I don't wanna cry alone〉という、感情の寂しさから取り出されてきたかのような力強さに、たまらず、胸が熱くなる。そう、誰だってひとりぼっちになってしまう可能性を生きている。でも、誰だってひとりぼっちにならない可能性をもって生きている。

 「ONE DROP」について→こちら
 「White X'mas」について→こちら
 『KAT-TUN III - QUEEN OF PIRATES』について→こちら
 「DON’T U EVER STOP」について→こちら
 「LIPS」について→こちら
 「喜びの歌」について→こちら
 『Cartoon KAT-TUN II You』について→こちら
 『Live of KAT-TUN “Real Face”』DVDについて→こちら
 「REAL FACE」について→こちら

 DVD『KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES』について→こちら

 コンサート『KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES』(8月5日・東京ドーム)について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽(09年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/115573266

KAT−TUN/RESCUEの動画がご覧になれます。
Excerpt: PV視聴 動画 - 動画検索.comでは、KAT−TUN/RESCUEの動画がご覧になれます。
Weblog: 動画検索.com
Tracked: 2009-03-22 00:35