ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2004年11月21日
 角田光代と瀬尾まいこの新刊は置いておいて、こちらを先に読んだ。気鋭の女性作家たちが十代(の主に少女)を題材にして書いた小説を集めた、オムニバス。とはいえ椰月美智子と野中ともその作品は、はじめて読んだ。正直、瀬尾のはイマイチだった。このなかでは、角田と島本理生、そして川上弘美のものが大変おもしろく感じられた。しかし僕はどうしてこう女性作家の書く小説が好きなんだろうか。

 他愛のない悪口や根拠のない悪意はわたしたちを興奮させはするけれど、この場所からどこかへ連れていってくれることはない。かえって閉じこめてしまうだけだ。

 角田光代「神さまのタクシー」


 たぶん、こういう文章が好きなのだ、と思う。こういう文章は、なかなか男性作家のものには見つけられない。僕はわりと素で、こういったことを考えていたりするので、そこいら辺に感情移入するのかもしれない。スケールはちいさいけれど、だけど切実な閉塞感だ。
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック