ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2008年11月03日
 Your Greatest Hits

 OVER ITとRUFIOの元メンバーが在籍しているとのインフォメーションを聞き、かなりの期待を持ち、耳を傾けたRUNNER RUNNERの『YOUR GREATEST HITS』(キャリア上はボーナス・トラックをプラスしたEPの扱いになるのかな)であったが、なるほどなるほど、と頷く一方で、すこしばかりがっかりしてしまったのも正直なところで、たしかにメロディのつくりは達者であるし、ポップでキャッチーといえば正しくそのとおりの楽曲が並んでいる。しかしながら、OVER ITやRUFIOにはあったギターのリフのつよいフック、しびれる快感は弱まり、かわりにダンサブルな電子音を組み込むことで、躍動と疾走のニュアンスを演出している、そうしたアプローチのサウンドはじつに今どきでもある気がし、とかく全般的なインパクトの面において物足りなさを覚える。ヴォーカルに被さるエフェクトも、ちゃかちゃかとしたプロダクションも、いや結局は、好みの問題になるのかもしれないけれど、あくまでも原曲に忠実でありながら、同様の趣向でのぞまれたMAROON 5にU2、JIMMY EAT WORLD、THIRD EYE BLIND、GOO GOO DOLLSのカヴァーからするに、そうしたアレンジこそがバンドの狙いであり、本質を兼ねる部分なのだろうとしたとき、個人的には、おもしろみに乏しく、まあね、と思われてしまう。

 バンドのMySpace→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(08年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック