ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2004年11月17日
 いやあ、これは難しい。『ユースアネイジア』以降では、かなり良い塩梅でエキサイトメントを得られるのだけれども、じゃあ、ウェルカム・バック・メガデス!みたいな興奮を覚えるかといえば、そういうことにはならない。うたわれるメロディとギターのリフがうまく噛み合ってない気がする。強烈なフックが足りない。ギターを立たせれば、ソング・ライティングは立たず、ソング・ライティングを立たせれば、ギターは立たず、といったところか。ただ、一時的な解散以前には、完全に失われてしまったハングリーさのようなものが備わっていて、その部分に対しては、僕はぜんぜんオーケーといった感じである。


posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。