ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2008年08月15日
 なぜ少女向けのメディアもしくはサブ・カルチャーには、不良少年が王子様の役割を果たす例が少なくはないのか、そしてその場合、不良少年の姿に王子様を見出すのは、決して優等生とは限らずとも清純で溌剌としたヒロインなのか、こうしたケースについては、もうすこし深く検討、研究される必要があるようにも思えるけれども、あえて疑問視しなければ、ふつう、それが自然であるというふうに認識される。単純に、本当の自分は表からはうかがえないずっと奥に引っ込んでいるとでも言いたげな。持田あき『君は坂道の途中で』の1巻もまた、無知と無垢とが同居するイノセントな少女が、すれた坊ちゃんに片想いするていのラヴ・ストーリーとして成り立っているのだが、そのあまりの屈託のなさに、前述したようなことを思った次第である。従兄弟の大介一家と同居する主人公の亜由は、ある日、通学路の途中で、どうやら地元の者じゃないらしい男子が数人の不良に囲まれているのを見かける。このときは言葉を交わすこともなしに通り過ぎながらも、不思議と彼のことが気にかかる。やがて亜由は、その男子、工藤千治が、自分のクラスにやって来た転校生だと知り、積極的に関わっていくことになるのだった。今日では何を指してトラウマと呼ぶのか大概不明瞭であるが、そうした曖昧な意味において、亜由も千治も傷を持った者同士だといえる。これが物語を動かすキイであり、現在進行の場面を過去形で捉まえるセンチメンタルなモノローグに還元される。たとえば亜由は1話目のラストで〈――千治 君がこの街に来た時のことを今もよく覚えてる(略)まるで世界中のハッピーを君が連れて来たみたいだったよ〉と回想形式で言う。要するに、皆様方お馴染みの、あのスタイルにほかならない。そしてケンカも上等なほどに悪ぶっている千治の心は、まっすぐに感情を向けてくる亜由と触れ合ううち、じょじょに絆されていくのだが、ここで重要なのは、そうした成り立ちが、技術的な作為によってこしらえられている印象ではなく、さらにはその無作為であるような様子が、作品のエモーションに繋がっている点である。正直なところ、作者がもうちょい巧ければ、考えすぎていたら、すべてが今以上になめらかでスムーズであったならば、このマンガは逆に駄目になっていただろう。しかし、ぎこちなさが丹誠に見える錯覚が起き、それは作中人物たちの姿にも反映されている。不良少年が王子様に感じられたところで結局は錯覚かもしれないし、そもそも恋愛自体が錯覚であるのかもしれない。いや、もちろん、詳細に文化を分析していったなら相応の理由や原因に突き当たるに違いないが、とりあえず、ここに描かれているのは、そういう錯覚こそが今や自然であり、真になりうる可能性があることの際立ちなのだと思う。


posted by もりた | Comment(1) | TrackBack(0) | マンガ(08年)
この記事へのコメント
君坂めちゃめちゃ好きです。
可愛い黒ハート
Posted by メリ at 2011年08月21日 04:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。