ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2008年08月03日
 トンデモマンガの世界

 『トンデモマンガの世界』は、「まえがき」の段で山本弘が〈小説やノンフィクションと違い、マンガの場合は何を「トンデモ」とするのか、その基準が難しい。なぜなら、マンガの多くは、現実にはとうていありえないシチュエーションを描いているからだ〉としたうえで、〈著者が意図したものとは異なる視点から読んで楽しめる本――それがトンデモ本の定義であ〉り、〈本書で紹介する作品は、作者の意図とは異なるかもしれないが、僕たちが本当に「面白い」と思ったマンガばかりである〉といっていて、引用部の〈僕たち〉とは、つまり、と学会を指すわけだが、基本的には、マイナーな作品、メジャーな出版社から発表されたものであっても人気が出なかった作品などに秘められたおもしろみを、抜き出し、解説しているような内容であると思う。個人的には、取り上げられているマンガのうち、作品を知っているもの、読んだときがあるものは、だいたい3分の1程度であった。しかし正直なところ、これを参考にして読みたいと心を動かされたのは、山本弘が紹介しているアメコミの類ぐらいかなあ、そもそも興味のない作品について書かれたものに食指が動かされなかったのは、やはり、マンガに求めていること、好みが違いすぎるからなのかもしれない。ただ、全体の趣旨の問題もあるのだろうし、書き手が複数人にわかれているのもあるのだろうが、やりようによってはもうすこし深く踏み込んで論じられたのでは、と感じられる部分も多々ある。たとえば森田信吾の『攘夷』と原哲夫(原作・高橋克彦)の『阿弖流為II世』を異星人が歴史に介入したていの劇画として合わせて見たり、たとえば藤子不二雄Aの『ホアー!! 小池さん』とふんわり(原作・小池一夫)の『花引き ヴォルガ竹之丞伝』の向こうに透けて見える小池一夫性(『ホアー!! 小池さん』は、ほら、小池書院だからさ)というべきものを検討したり、高橋よしひろの『甲冑の戦士 雅武』とさいとうかずと(原作・山本邦一)の『ピンギーマヤー』(これは文中で高橋よしひろ『銀牙』の猫版とまで紹介されている)を叩き台に動物の擬人化が意味するところを分析したり、と、できたのではないか。まあ、そうしたあたりも結局は、こちらとの関心の違いになってくる可能性が高いけれども、はからずも多数の作品を遡上にあげて、共通したルーツを探るかっこうになっている「『北斗の拳』的マンガ大集合!」の項を愉しく読んだだけに、そのような願望も生まれる。ほかには「『北斗の拳』的マンガ大集合!」も担当した新田五郎による『魔神王ガロン』の項が趣味に合った。永井豪(原作・手塚治虫)の『魔神王ガロン』は、この作者がこの原作を使わなければありえなかったというぐらいの突出した傑作もしくは怪作である。それの魅力をたいへんわかりやすくガイドしている。ところで、話はぜんぜん変わるのだけれど、いがらしゆみこ(原作・井沢満)『ぼくのブラジャー・アイランド』の項に目を通していて、ふと思ったのだが、もしかして弓月光『甘い生活』の元ネタって『ぼくのブラジャー・アイランド』なのかしら、それとももっと何か、サブ・カルチャーにおける根源的なインスピレーションが他にあるんだろうか。こういうのがどうも気になってしまう。


posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書(08年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

トンデモマンガの世界
Excerpt: トンデモマンガの世界
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-06-21 13:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。