ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2017年11月17日
 DARK BLACK

 11月15日、MUTATIONのライヴを渋谷 TSUTAYA O-NESTへ観に行ったのだった。現在、再結成後のTHE WILDHEARTSを含め、ジンジャー(ワイルドハート)が関わっているいくつかのプロジェクトのうち、最も激しいサウンドを出しているのがMUTATIONであって、それを興味深く見ている自分がいたからである。しかし、ここまでアングリーなムードと緊張感のピリピリと張り詰めたショーを目の当たりにするのは、いやあ、実に久しぶりのことであったよ、と思う。

 バンドの編成は、ジンジャーがギターとヴォーカル、EXIT INTERNATIONALのスコット・リー・アンドリュースがベースとヴォーカル、YOUNG LEGIONNAIREのデンゼル・ピアソンがドラム、というトリオである。ライヴを行うにあたって、サード・アルバムの『DARK BLACK』(2017年)を共作したジンジャーとスコットの2人に、デンゼルが加わった形だ。が、正直、この日のパフォーマンスの中核を担っていたのは、デンゼルの猛烈なドラムだったのではないか。ドラムのキットがステージの前方に出、スコットやジンジャーと横並びになったちょうどその真ん中から叩き出されるリズムには、主役に近い貫禄さえ備わっていた。

 反面、体調の不備と機材のトラブルとで悪い方向にアピールが転がってしまったのは、スコットであった。その危うさがジンジャーやデンゼルにピリピリと張り詰めたアングリーなムードと緊張感とをもたらし、それは次第にショーの全体へと及んでいく。メンバー間のコミュニケーションが明らかにギスギスとし、一触即発に思われる場面もあった。まったくフレンドリーとは呼ばれぬ状態のまま演奏は進められた。けれど、それは必ずしもMUTATIONの音楽性を損なうものではなかった、というのが個人的な感想である。

 MUTATIONの音楽性には、ノイズ・ミュージックやインダストリアル・メタルからインスピレーションが多く含まれている。『DARK BLACK』の「DEVOLUTION」では、かねてよりジンジャーと交流のあるデヴィン・タウンゼントがフィーチャリングされているが、STRAPPING YOUNG LADからの影響をパンク・ロックやグラインドコアの方面に寄せていったらこうなる、との解釈も可能であろう。ジンジャーのキャリアに則せば、THE WILDHEARTSの『ENDLESS NAMELESS』(97年)を引き合いに出せなくはない。基本の路線は、スコットがパートナーとなる以前の『THE FRANKENSTEIN EFFECT』(2013年)や『ERROR 500』(2013年)で既に当たりがつけられていたものだとはいえ、EXIT INTERNATIONALとの共通項をふんだんにしている。

 MUTATIONが指向しているのは、要するにマッシヴであるような音塊を足場に築き上げられたバンド・スタイルのサウンドなのである。メロディアスなパートはあるが、ポップであることやキャッチーであることよりもラウドであることやヘヴィであることを重視している。その無愛想な楽曲の質と、この日の殺伐としたテンションには、どこか類似したものがある。

 もちろん、スコットのモチベーションが途中から散漫であった点は、マイナスととらえられるべきであろう。もうちょっとベースの低音が強力であったなら、インパクトは一段階も二段階も上になっていたのかもしれない。しかし、何せ、初の来日公演だ。万全なコンディションの演奏がどのようなものかは知らない。だが、荒ぶっている風ですらある轟音に直情的なカタルシスが宿っていたのは確かだといえる。ジンジャーが不出来を謝罪した言葉ぐらいしかMCはなく、怒濤のごとく突っ走る。およそ1時間弱のパフォーマンスは、整合性や完成度だけでは計れない。破綻を寸前のところで免れるのにも似たスリルを持っていた。
posted by もりた | Comment(0) | 音楽(2017年)