ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2016年11月30日
 キミとだけは恋に堕ちない 3 (りぼんマスコットコミックス)

 大昔だったら、フィクションで兄妹(姉弟)間の恋愛が禁断として描かれているのを見ると、ああ、これは本当は血が繋がっていないパターンでしょう、と考えをめぐらすことができたのだけれど、近年では、実際に血が繋がっていようと結ばれてしまうパターンが珍しくはないので、もうそのへんを疑ってみても単にだらしがないだけなのだから深く読み取ったって仕方がねえよな、と思わざるをえないのだった。が、しかし。以下、酒井まゆの『キミとだけは恋に堕ちない』の3巻について、ネタを割った内容となる。

 成績と外見が優秀な二人の兄、透と航とに厳しくも大切にされてきたヒロイン、星崎すばるは、高校に入り、吉田新という同級生で、お調子者の男子と関わり合うようになっていく。同じ高校の上の学年にいる真面目な兄たちに比べ、クラスメイトの新は、ふざけてばかりで信用のならないところが多い―― はずだったのに、どうしてか心が引かれていくのであった。おそらく、こうした1巻からの話の流れで題名の『キミとだけは恋に堕ちない』に示唆されている「キミ」とは、すばるにとっての新のこと、さらには新にとってのすばるのことだ、と読者の少なからずが信じ込まされたのではないか。あるいは、すばると新が相思相愛で付き合うことになった2巻を経、なるほど、これは『キミとだけは恋に堕ちない』つもりでいた二人の偶発的でチャーミングなロマンスに違いない、と作品の方向性を見て取ったのではないか。そうであるとするなら、すばるの二人の兄はロマンスが容易いものではないことを裏付けるための障害にほかならない。だが、3巻において、航とすばるに血の繋がりのないことが(読者と新に)バラされてしまうのである。

 すばると新の交際を渋々ながら容認し、新とも穏当な関係を築いていく航の姿は、良いお兄ちゃんじゃん、という印象を強くしている。それが航とすばるに血の繋がりのないことを(読者と新に)バラすことで、異なったニュアンスを帯びはじめる。すばると新の交際を渋々ながら容認するかのような航の態度は、必ずしも彼の寛容さによっているわけではなく、もしかしたら彼が抱えている抑圧の裏返しであるかもしれない可能性を導いてくるのである。血が繋がっていないとはいえ、すばるとは兄妹であるがために恋愛の感情を表にすることは許されない。そのような抑圧を念頭に置き、作品を見返すとき、『キミとだけは恋に墜ちない』という題名における「キミ」とは、航にとってのすばるを、さらにはすばるにとっての航を意図しているのではないか、と読み替えることもおかしくはなくなるのだ。「落ちる」ではなく「堕ちる」の字が当てられているのは、兄妹間の恋愛が禁断として描かれている以上、象徴的でもある。

 航とのあいだに血の繋がりがないことをすばるが承知しているかどうかは、現時点では曖昧にボカされている。が、重視されたいのは、これまで具体的ではなかった三角関係の構図が、航とすばるに血の繋がりがないという背景を得たことで、くっきりと浮かび上がったと同時に、すばるを中心にした新と航の綱引きへ、今までになかった緊張状態がもたらされている点であろう。この展開が連載の最初から用意されていたのか否かは知れないものの、明らかに物語が異なったフェイズに入ったことを、新と航の緊張状態は教えている。

・その他酒井まゆに関する文章
 『MOMO』
  7巻について→こちら
  3巻について→こちら
  1巻について→こちら
 『クレマチカ靴店』1話目について→こちら
 『ロッキン★ヘブン』
  8巻について→こちら
  7巻について→こちら 
  6巻について→こちら
  4巻について→こちら
  3巻について→こちら
  2巻について→こちら
  1巻について→こちら
2016年11月11日
 Re:ロード ( 1) (ニチブンコミックス)

 佐々木拓丸はフィジカルなアクションの描写に盛り上がるものがあると思う。しかし、物語を動かす際、登場人物が内面に何を抱えているかの描写に傾いていくきらいがある。前者に作家性がよく出ていると取るか。後者に作家性がよく出ていると取るか。無論、両者がきっちりと噛み合っているのであれば、それに越したことはないのだが、ヘヴィであったりスリリングに感じられるところが多いのは、おそらく、前者であろう。バンドマンを題材にした『Eから弾きな。』も、実はそうだった。では、新作にあたる『Re:ロード』は、どうか。

 1巻を読むかぎり、『Re:ロード』は、ハードなヴァイオレンスである。ヤクザに復讐を果たそうとする元刑事がヤクザに追われた少女を守るためにヤクザと激しい衝突を繰り広げていくのだ。『極道つぶし』や『SINfinity』の作者が、再びヴァイオレンスの世界に帰ってきたともいえる。魅了されるのは、やはり、銃撃戦や肉弾戦が躊躇いなく人を死なせていくというフィジカルなアクションの描写であって、それが熱量は高いのに殺伐としたテンションを作品に与えている。他方、元刑事である乾昌吉の内面や思考は、それが迷いを見せれば見せるほどに展開の速度を間延びさせてしまう。ただし、そうした迷いによって生じた間のゆるみが、『Re:ロード』のストーリーあるいはテーマにとっては重要なポイントになりえてもいる。

 乾昌吉は、明らかに欠落を抱えた男として現れている。妹をヤクザに殺された過去が現在の彼を表情の乏しい存在にしているのだ。その主人公が、ヤクザに義父母を殺されながらも逃亡を果たした少女、日高真を救うことになったのは偶然でしかない。そして、彼女を追うヤクザが、乾の妹の死に関与した冱們會であったこともまた偶然にすぎない。これらの偶然は、もちろん、話を運ぶ上での都合の良さを兼ねているのだけれど、注意されたいのは、そのような偶然の連なりに乾の欠落が間違いなく暗示されていることにほかならない。なぜ、乾が偶然出会っただけの少女を守らなければならないのか。乾に因縁のある冱們會が相手だという理由は、あとからやってきている。乾の抱えている欠落が、そうさせたのだと考えるべきなのである。

 乾は唯一の肉親である妹を失った。家族を失った。同様に身寄りをなくしてしまった真の姿が、彼の目にどう映っているのか。彼の欠落にいかなる働きかけをもたらすのか。確かに彼の内面が言葉や回想に描写されるとき、コマのスピードは落ちる。だが、それはヴァイオレントな世界そのものに対する抵抗のようにも思われる。乾と真の関係を、冱們會の刺客であるシンは〈現状この2人はお互いが今を生きる為の唯一の糧なんだ〉と、いち早く見抜いてみせるが、しかし、日高真とは、何者なのか。どうして冱們會に狙われているのか。1巻の段階ではっきりとしたのは、乾の正体であって、伏せられ続けている真の来歴は、今後、彼女が物語のなかでの影響力を大きくしていくことを予感させる。
2016年11月09日
 Change of Fortune

 一般的には90年代に一発当てたバンドということになるのかもしれないが、それ以前は米のインディ・シーンをライヴで叩きあげてきたバンドとして紹介されていたんだってことを思い出したね。まさかのSOUL ASYLUM、21年ぶりの来日公演(11月8日)を観ての感想である。

 さすがに21年前は大昔だよ、と述べるしかない。80年代からミネソタ州ミネアポリスで活動していたSOUL ASAYLUMである。アメリカン・オルタナティヴやグランジのムーヴメントに乗ってブレイクを果たしたけれど、次第に人気は陰っていき、ここ最近はかなり地味な存在になっていた。重要なメンバーの死去もあった。現在、オリジナル・メンバーと呼べるのは、フロントマンのデイヴ・パーナーのみだ。『THE SILVER LINING』(2006年)以降、日本盤のリリースがなくなってからもずっと好きなバンドだったが、正直なところ、期待値はちょっと低めで会場のTSUTAYA O-EASTに足を運んだのであった。

 しかし、裏切られたぞ。良い意味で裏切られた。全然ロートルじゃないじゃん。パフォーマンスもエネルギッシュだし、現役のオーラがビカビカしていた。観客の入りは寂しいものだったが、素晴らしい盛り上がりをもたらすまでのステージが繰り広げられていく。セット・リストは、ニュー・アルバムである『CHANGE OF FORTUNE』(2016年)を中心に組まれ、昔の名前で出ています、の懐メロ大会に陥っていなかったのも特筆すべき点であろう。『CHANGE OF FORTUNE』は、決して悪い作品ではない。デイヴ・パーナーの歌い回しは相変わらず特徴的なのだけれど、プロダクションやアレンジがあと少し練られていたなら、もう一段階か二段階ぐらいフックが強まったのでは、と物足りなさを覚えるものがあった。それがライヴ・ヴァージョンでは、スタジオ・ヴァージョン以上の厚みと勢いが演奏へと加わっているせいか、はじけるようなアピアランスを数倍増しにしていたのだ。

 パンキッシュなナンバーでは、挑発的にギターのリフが飛び交い、グルーヴを重視したナンバーでは、ヘヴィな面の出たリズムがのしかかる。『CHANGE OF FORTUNE』に収録された「DON'T BOTHER ME」は、軽やかなアコースティック・ギターを入れたナンバーだが、カラッとしたメロディがなぜかエモーショナルに響くというアメリカン・ロックの奥義を会得したものとして印象を濃くしていた。

 もちろん、過去の代表曲も披露された。実は自分は最大のヒット曲にあたる「RUNAWAY TRAIN」って、そんなにピンとこなかったタイプなので、『GRAVE DANCERS UNION』(1992年)からのナンバーでは、疾走するスピードに切なさの入り混じった「WITHOUT A TRACE」や「SOMEBODY TO SHOVE」に、おお、という興奮を抱く。楽曲のフォーマット自体はシンプルなために決して古びた印象はない。どころか、生き生きとした演奏が楽曲に内包されている普遍的な魅力を一層際立たせていた。メンバー4人のコンビネーションもばっちりで(もう1人、サポートでギターが加わる場面もあったが)ギター、ベース、ドラム、そして、ナイスなヴォーカル、これだけでいかなる魔法が作れるのかを見事に証明していたのである。

 個人的なハイライトは、『LET YOUR DIM LIGHT SHINE』(1995年)に収録された「MISERY」が演奏されたときだ。この日一番の合唱も「MISERY」で起こった。振り返れば、21年前の来日公演は『LET YOUR DIM LIGHT SHINE』のリリースにともなうものであった。確か当時『ロッキング・オン』の鈴木喜之が批判していたと記憶している(記憶違いだったら申し訳ない)が、絶望を歌うことでオーディエンスの共感を得てしまったアーティストが、その共感に追い詰められ、さらに絶望を深めていくという不幸を(たとえ皮肉であったとしても)モチーフとした楽曲に、オーディエンスが共感を寄せることは拭いがたい矛盾を含んではいる。だが、それは絶望が単なる行き止まりではなく、死への憧憬にとどまらないこと、とどまってはならないことをも同時に示していたはずである。グランジの時代が遠くなった現在もなおオーディエンスに投げかけてくるかのようなリアリティを「MISERY」は宿したままだった。

 長いキャリアのバンドである。初期の楽曲をほとんどやらなかったのは仕方がないとはいえ、あの曲やって欲しかった、この曲やって欲しかった、の気持ちは現れてしまう。しかし、不満ではないよ、と思う。非常に堪能させられたショーは、もっと、もっと、という欲求を呼び覚ます。優れていたことの裏返し。必然にほかならない。

 バンドのオフィシャル・サイト→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(2016年)
2016年11月02日
 Gold.

 勢いをくれ。面倒くさい何もかもを全部振り切るほどの勢いを。クラッシュした途端、ぐしゃぐしゃになって死んでしまうような勢いを。そして、死すらも忘れさせてくれるような勢い。それを掴めるかどうかは難しいが、しかし、手を届かそうとしていることの確かなサウンドが、米ジョージア州アトランタ出身のトリオ、 WHORES.のファースト・アルバム『GOLD』には備わっている。

 これまで『RUINER』(2011年)に『CLEAN』(2013年)と2枚のEPをリリースしてきたバンドが、ようやくフル・サイズの作品にまで進んだわけだけれど、初期のHELMETやUNSANE(その他、かつてアンフェタミン・レプタイル・レーベルに所属していたアーティスト)等々をロール・モデルにしていると覚しきジャンクなスタイルのヘヴィ・ロックは、基本的に変わらず。だが、EPの頃に比べ、ヒネリのきいたリズムやゴツゴツした手触りが、いくらか抑えられている。かわりに、スピード感がストレートに出、ダイナミズムの通りが良くなった。雑然とした部分が少なくなった点は、評価の分かれるところであろう。

 以前はスラッジ・メタルに近かったニュアンスが、ストーナー・ロックに近いニュアンスへと切り替えられている風でもある。ともあれ、ひずまされたノイズと低音の強調されたグルーヴ、シャープなギターのリフとに魅力の多くがあり、ヤワになったという印象を受けない。攻撃性をペンにしながら、設計図を引いていったその線の太さ、硬さ、鋭さが、細やかなレイアウトのレベルにも影響を及ぼしているイメージである。

 パンキッシュに演奏とヴォーカルとを爆発させる1曲目の「PLAYING POOR」や6曲目の「CHARLIE CHAPLIN ROUTINE」8曲目の「I SEE YOU ALSO WEARING A BLACK SHIRT」ばかりではなく、ハンマーの鈍い一撃に喩えられる圧のずっしりかかった2曲目の「BABY TEETH」や3曲目の「PARTICIPATION TROPHY」10曲目の「I HAVE A PREPARED STATEMENT」にも、ぐしゃぐしゃにクラッシュすることを怖れないかのような勢いが加わっていることに留意されたい。ギター、ベース、ドラムの猛烈なアンサンブルに『GOLD』の醍醐味は示されている気がするのだ。

 イントロから緊張の素晴らしく張り詰めた5曲目の「GHOST TRASH」は、稲光を思わせる。アタックの鮮明な激しさに鬱陶しい何もかもを全部ぶち抜きたい衝動が喚起させられる。
 
 バンドのオフィシャルFacebook→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(2016年)