ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2016年05月31日
 ハニーレモンソーダ 1 (りぼんマスコットコミックス)

 1巻の段階で既にボロボロ泣いてしまっている。村田真優の『ハニーレモンソーダ』である。これは自分には安達哲の『ホワイトアルバム』や『キラキラ!』といった作品をはじめて読んだときのことを思い出させてくれる。安達の初期の作品には、80年代の少女マンガ、たとえば紡木たく等のカラーを少年マンガのジャンルに転移させたところがある。そこにあった痛々しくも淡い青春のイメージが、数周して少女マンガに帰ってきたような感覚が『ハニーレモンソーダ』には備わっているのであった。

 ああ、〈何のために変わりたいの? 学校で居場所を見つけるため? それもあるけど1番は 少しでも君に近づけるため〉だという大変小さいながらも切実な少女の願いに寄り添った物語の幕があがる。

 ヒロインの石森羽花は、成績が優秀で本来なら難関校である真聖学園へと進学するはずだった。が、夜の街でとある少年からかけられた言葉に心を動かされ、派手な生徒が多いことで知られる八美津高校に入学するのであった。それは羽花にとっての大きな冒険でもあった。なぜなら、中学の頃はいじめられ、周囲に「石」と呼ばれるほど感情と表情とを固くさせなければ、クラスに身を置けないような毎日を送っていたためだ。しかし、八美津高校への入学を期に自分を変えよう。あの少年、八美津高校に進学するのだと言っていたレモン色の髪の毛の少年との再会を信じようと願う。果たして羽花の高校生活は、あの憧れたレモン色の髪の毛の少年、三浦界とクラスメイトになったことからはじまったのである。

 地味な少女と不良っぽい少年のボーイ・ミーツ・ガールが基本にある点は、ラヴ・ストーリーや学園もののスタートとして類型的であるし、古典的でもある。反面、内気な性格のせいで同級生たちなどに省かれることを「ぼっち」と名指しうる立場のクローズ・アップは、確かにコンテンポラリーではあるけれど、現代における類型的な見方を免れてはいない。もちろん、作者は作者なりに時代の空気を取り込もうとしているのだろうが、それは必ずしも目新しさに直結するものではない。類型的であるにもかかわらず、それを普遍的だと言い換えられるようなシチュエーションや話運びのなか、登場人物の微かでも確かな足音が響き渡っていく。その響きを通じ、等身大の孤独を描き出すことに成功しているのだ。

 羽花の内面、つまりはモノローグに示されている言葉の成り立ちは、ほとんどポエムである。しかし、ポエムであること自体に彼女の切実さが宿っているわけではない。ポエムがどこからやってきているのか。他の登場人物との関わり、とりわけ界との関わりによってもたらされた少女の内面の変化が、カットの一つ一つやそれらを結び付けるコマ割りを含め、つぶさに把握できるぐらいに表されているので、その切実さに胸を衝かれることとなる。

 少女の内面に変化を生じさせるきっかけが不良っぽい少年であり、彼が「リア充」と称されている点に批判的な向きもいるかもしれない。ただし、それは表面上のデザインの問題にすぎない。注意されたいのは、ヒロインである少女、石森羽花の目に、この世界はいかなるものとして映っているか、なのである。そう考えるとき、三浦界とは、これまでに羽花が目にしたことのない可能性を、あるいは否応なしに自分の欠落を突きつけられるインパクトを代替しており、羽化が界に憧れを抱くのは、彼が単に「リア充」と目されるような人間だからなのではないとわかる。結局のところ、誰の憧れも踏み越えなければならないラインの向こう側に存在している。

 かつて「石」と呼ばれていた羽花にとって界の言葉が魔法と似た励ましを持っているのも、以上の理由によっているのだ。〈確かに あの時 オレが声をかけた でも そんなのは ただのきっかけで あそこから飛び出した力は石森のものだ 今までの自分に引きずられなくていい 石でも おまえは宝石なんだよ〉

・その他村田真優に関する文章
 『またあした』2巻について→こちら
 『イン ザ チョコレート』について→こちら
 『妄想シンデレラ』について→こちら
 『ドクロ×ハート』について→こちら
2016年05月20日
 かみさまドロップ 10 (少年チャンピオン・コミックス)

 いま現在、自分が最も注目している少年マンガのラブコメが、これ。みなもと悠の『かみさまドロップ』である。なぜなら、少年マンガのラブコメに特徴的なハーレム型のシチュエーションを備えながら、そのシチュエーション自体を正しく試練の形へと転化することで、主人公である少年の成長はもとより、少年やヒロインたちの苦渋と決断とを、ほとんど直接的に描いている。そこに心を動かされるものがあるからだ。

 確かにカヴァーの表紙の女の子の胸の大きさは、変態かギャグでしかないものの、ストーリーとテーマのレベルでは、非常に生真面目な作品となっているのである。

 どうして、主人公、野分あすなろは、生まれつき、不運な目にばかり遭ってきたのか。ついに前巻(9巻)で、衝撃の事実が明かされた。あすなろにとって片想いの相手であるバンビ(橋姫万里)がまだ母親のお腹にいた頃、その母親が交通事故に見舞われ、あわや死産の直前になってしまう。このとき、かつて「神」に封じられた「蛇」がバンビの両親に囁きかけるのである。バンビと同じ日に生まれる予定のとある命が持っているすべての幸運を奪ったならば、娘の命は助けられる。それが自分にはできる、と。まるで悪魔との契約だが、娘のためにバンビの母親は承諾してしまう。そして、それは同時に「蛇」が再び現世に解き放たれることをも意味していた。

 もちろん、察せられるとおり、バンビを生かすために奪われたのは、あすなろが本来持って生まれてくるはずの幸運なのであった。この事実をバンビの許嫁となった「蛇」の口から聞かされたあすなろは、果たしていかなる気持ちでバンビと向き合うのか。ずっと呪ってきた自分の不運が、自分の与り知らぬところで、自分が信じていた人間によってもたらされていたのだ。

 少年マンガのラブコメ、とりわけハーレム型のシチュエーションのものにおいて、主人公の少年が優柔不断であることは、作品の性質上、欠かせない条件であろう。自分の気持ちやパートナーを決定しないという引き延ばしを物語として見させようというケースが少なくはないのである。『かみさまドロップ』の野分あすなろもまた、当初は優柔不断であることを免れてはいなかったのだが、しかし、様々な変化や経験こそが物語と呼ぶのに相応しい展開を経てきた結果、優柔不断は越えられるのだということを、この10巻は描いているように思われる。

 確かに、あすなろは、ヒロインであるバンビに対し、一途ではあった。けれど、自分は彼女に釣り合っていないのではないかという迷いが、もう一人のヒロインであるエル(得)をはじめとした他の女の子たちとの結びつきを生じさせていたのである。当然、そうした図式は、主人公の優柔不断が解消されると同時に改められることとなる。

 生まれてくる以前の段階で自分の人生が狂わされ、すべての原因が最愛の人物にあったというのは、災難にほかならない。それを知ってしまったあすなろは、バンビ(とバンビの両親)を恨むのか。許すのか。苦渋を与えられ、決断を迫られているのと同様の状態に陥るのであった。

 あすなろの決断は、先に述べたように作中の図式を大きく改める。契機でもある。あすなろとバンビのハッピー・エンドにも似た光景は、あすなろの恋のサポートに撤してきたエルに不意の虚しさをもたらす。あすなろが願い、あすなろのためにエルが叶えようとしていたはずの光景は、しかし、エルの働きかけをよそに見事な輝きをまとってしまったのである。ああ、〈運と命 まさに「運命」と呼ばれるソレで あやつらははじめから結ばれておったのじゃな…… それならば……… わしのしてきたことは一体何だったのかのう……〉

 もしも「神」が「人間」の願いを叶えるために存在しているのだとしたら、「人間」の願いが叶うということに「神」が不要のものになるということが含意されるのだろうか。あるいは「人間」でしかないあすなろが「神」であるエルに報いることは可能か。こうした問いを伴い、クライマックスへと向かいはじめているかのような局面と新しい図式とが迎え入れられている。

 6巻について→こちら
2016年05月01日
 10TH ANNIVERSARY BEST “10Ksテンクス! 10TH ANNIVERSARY BEST “10Ksテンクス! 10TH ANNIVERSARY BEST “10Ksテンクス!

 誰にとっても思い入れのある対象は他に類を見ないものに違いないのだったが、ことKAT-TUNに関しては、一般的な認識のレベルにいおいても他に類を見ないキャリアを辿ってきたのではないか。波乱に満ちたディケイドであったと思う。結成からしばらくの期間があったとはいえ、デビューの直後にスターダムへと躍り出、破格の成功を収めたにもかかわらず、キャリアを更新する度にトラジックなイメージを背負っていき、まるで生き急ぐかのようにライズ・アンド・フォールの両義性を引き受け続けた。非常に濃い10年間にほかならない。だが、デビューから10周年を節目に活動休止に入るという。

 4月30日、その活動の一時的なピリオドでもある「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“10Ks!”」を東京ドームで観た。実は前日(4月29日)も同会場に足を運んだのだけれど、30日、最後の長いスピーチで――今回のスピーチはこれまでのコンサートではなかったぐらい長いものだった――亀梨和也が、赤西仁、田口淳之介、田中聖の名前を挙げ、すべてのはじまりがあくまでも6人であったことを強調したとき、会場全体がすすり泣くかのような雰囲気になった。実際、自分はぼろぼろ泣いてしまった。実名こそ挙げなかったものの、上田竜也のスピーチも同様の趣旨を含んでいたのではないかと思う。それはおそらく、KAT-TUNというグループが、そして、彼らのファンが失ってきたものの大きさをあらためて知らしめていたのである。しかし、悲しみのためだけに泣けたのではない。メンバーの脱退による埋めがたい欠落を生じさせながらも、決して崩壊をせず、こらえ、その都度、グループと方向性とを再構築してきた踏ん張りのなかに確かなドラマがあったことを、ヒロイックなまでのストーリーが異例の魅力となっていたことを同時に思い出させるがゆえに、ああ、胸の奥深いところで、じーん、とさせられたのだった。

 ベスト・アルバムである『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY BEST“10Ks!”』のリリースに伴ったコンサートだということもあって、正しくグレイテスト・ヒッツと呼ぶに相応しいセット・リストが披露された。シングルではないが、デビューの以前からアンセムとして歌われてきた「GOLD」で幕を開け、デビュー・シングルにしてミリオン・セラーを叩き出した「Real Face」が続く。以降も代名詞のごとくKAT-TUNのキャリアを彩ったナンバーがずらりと並ぶ。MCでも述べられていた通り、今回のコンサートは、バックにダンサーもバンドの演奏も付けず、亀梨、上田、中丸雄一の3人で歌って踊るという極めてシンプルなものである。ステージ上のギミックにせよ、パイロや噴水などの演出は健在だったけれど、必ずしもド派手なものではなかった。過去の公演からすれば、地味な部類に入るであろう。それがかえってファンとの距離感を縮めていたところがある。3人のパフォーマンスとファンの声援とでショーが作られていくという印象が何よりも強く現れていたのである。2014年並びに2015年のコンサートでは、田口を含めた4人での可能性とバランスとを模索するかのようなギミックも多々見られたが、今回はキャリアの総括に3人が剥き身で向き合っていた。そこに真摯で訴えかけてくるものがあったのだ。

 それにしても名曲と判断して差し支えのないナンバーの多いグループである。激しいハード・ロックからエレクトリックなダンス・チューン、静かなヴォーカルのユニゾンが美しいバラードまで、ヴァリエーションは異なれど、どの楽曲もKAT-TUNという記名性を紛れもなく宿していたことを再確認させられる。かつては田中のサグいラップが、赤西のパワフルな声量が、田口のクセがある声質が、その記名性をフォローしていたことも少なくはなかった。だが、それらを失ってもなお、亀梨のエモーショナルな叫びが、中丸のヒューマン・ビート・ボックスのスキルが、上田のナイーヴさとワイルドさの掛け合わさったヴォーカルとが、KAT-TUNの記名性のコアを損なわせず、守ってきた。傷の有無でいえば、傷はある。しかし、傷一つないわけではないことが、そう、このグループをいつだって次のフェイズへと進ませてきたのである。

 10年に渡るキャリアの後半にあってさえ、代表曲となるようなナンバーが数多く生まれた。そのことは、今回のセット・リストにも如実であった。ファンにとっては馴染みの深い初期の楽曲が盛り上がるのは当然だが、ここ数年――5人が4人になってから――発表された楽曲の盛り上がりは、それらに劣ったりはしない。せつないメロディとデジタルの躍動を一杯に溢れさせた「In Fact」のインパクトは、やはり、鮮烈であるし、アレンジとコーラスとがKinki Kidsの「雨のメロディ」を彷彿とさせる「KISS KISS KISS」は、Kinki Kidsのバック・ダンサーであった自分たちの原点に正直な楽曲であろう。スケールの壮大なアレンジとミニマリズムのリリックとが同居し、近未来のエピック(叙事詩)をイメージさせる「RAY」は、シングルのカップリングであったにもかかわらず、2015年のコンサートのときと同様、圧倒的なクライマックスを描き上げる。

 ところで、セット・リストに加えられた初期の楽曲について特筆すべき点がある。「Will Be All Right」の存在だ。6人だった頃のメンバーが全員で作詞にあたり、当時のアンセムに数えられる。反面、その成り立ちのせいか。赤西が脱退してからほとんど歌われることはなかった。それがまさか、フルに等しいヴァージョンで歌われるなんて。6人の時代、5人の時代、4人の時代といった区切りを飛び越え、デビューより10年を数えてきたKAT-TUNという単位をベースに「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“10Ks!”」が開かれていることをうかがわせる。最後のコーラスをファンに委ねることで、会場にいた皆の声が、文字通り、一つになった場面は、この日のハイライトだろう。ああ、遠くなってしまった日に発せられた〈What You Worry About Will Be All Right〉というメッセージが現在に届き、また未来に向け、高らかに発せられていく。曲調は違えど、アンコールの際、上田のピアノと中丸のヒューマン・ビート・ボックスをバックにし、亀梨のヴォーカルではじまったバラード、「PRECIOUS ONE」にも「Will Be All Right」に近い役割が課せられていたように思う。

 本編のラストに置かれることとなったのは、『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY BEST“10Ks!”』に収められた新曲の「君のユメ ぼくのユメ」である。スガシカオがソング・ライティングを手掛け、「Real Face」の歌詞の引用を途中に挟んだバラードは、ずるいほど感動的な場面を連れてくるのだった。亀梨、上田、中丸の3人がマイクをリレーしながら〈"行こう!一緒なら跳べるぜ" どこまでも〉と呼びかける。あたかもそれは、今までに果たされてきた誓いを称えているようでもあり、これからの約束に結びついた祈りのようでもある。

 現段階ではリリースされていない「BRAND NEW STAGE」が、アンコールにおけるラスト・ナンバー、つまりは全編の最後を飾ったことは、何かしら象徴的でもあった。それが活動休止にあたってのエピローグを意味するのか。活動再開のためのプロローグを意味するのか。今はまだわからない。いずれにせよ、5月1日のコンサートを経、デビュー以来、波乱と並走し続けてきたKAT-TUNのキャリアは、しばしの休息を迎える。

・その他KAT-TUNに関する文章
 「In Fact」について→こちら
 『楔-kusabi-』について→こちら
 「FACE to Face」について→こちら
 「WHITE」について→こちら
 「CHANGE UR WORLD」について→こちら
 『NO MORE PAIИ』について→こちら
 「Going!」について→こちら
 「Love yourself 〜君が嫌いな君が好き〜」について→こちら
 『Break the Records -by you & for you-』について→こちら
 「RESCUE」について→こちら
 「ONE DROP」について→こちら
 「White X'mas」について→こちら
 『KAT-TUN III - QUEEN OF PIRATES』について→こちら
 「DON’T U EVER STOP」について→こちら
 「LIPS」について→こちら
 「喜びの歌」について→こちら
 『Cartoon KAT-TUN II You』について→こちら
 『Live of KAT-TUN “Real Face”』DVDについて→こちら
 「REAL FACE」について→こちら

 DVD『KAT-TUN LIVE Break the Records』について→こちら
 DVD『KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES』について→こちら

 コンサート『KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAIN』(2012年4月20日・東京ドーム)について→こちら
 コンサート『KAT-TUN LIVE TOUR 2010 PART2:WORLD BIG TOUR』(2010年・東京ドーム)
  7月24日の公演について→こちら
  7月17日の公演について→こちら
 コンサート『KAT-TUN LIVE TOUR 2010 公開リハーサル』(4月28日・さいたまスーパーアリーナ)について→こちら
 コンサート『不滅の10日間ライブ KAT-TUN TOKYO DOME 2009』(09年・東京ドーム)
  6月15日の公演について→こちら
  5月22日の公演について→こちら
  5月18日の公演について→こちら 
 コンサート『KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES』(08年8月5日・東京ドーム)について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(2016年)