ときめいて死ね!!
いいや、戦って死のう。
2012年08月30日
 青春ロケーション 1 (マーガレットコミックス)

 田島みみは人気マンガ家だ(と思う)が、その訴求力は幅広い層に向けてというより、たぶんティーンエイジャーの女の子に対して限定的なものであったといえる。このため、年長の女性や少女マンガに詳しいとされる男性の読み手から言及される機会をほとんど持たなかったのではないか。もちろん、それをスタイルとして完成していると解釈することは可能であったろうし、実際にそれが功を奏してパターン化された展開のなかにも強いフックが生じていたように感じられたのだ。しかしここにきて、おお、ずいぶんと大胆に新味を盛り込んできたぞ、と驚かされるのが、この『青春ロケーション』の1巻であって、つまりは今まで田島の作品に興味がなかった向きにこそ、是非とも読まれたい内容になっている。

 ともあれ、引きこもり気味のオタク少年という過去の作品には決してありえなかったタイプをストーリーの真ん中に加えてきた点は絶対に見逃せない。もしかすれば、ギャルゲーの愛好家で他人を見下しがちなシャイ・ボーイを登場させるのは、現代のサブ・カルチャーと流行を踏まえるなら、あざとい、とも判断される戦略だろう。だが、重要視すべきなのは、それによって田島の本来の作風に自然な化学変化が起きており、かつて以上に魅力的な話運びが成立していることなのだ。

 かつての『学校のおじかん』も『君じゃなきゃダメなんだ』も、採用されているシチュエーションは異なれど、根本は三角関係をベースにしたラヴ・ロマンスである、という部分で一致していた。そして、おそらく『青春ロケーション』もまた(序盤の現時点でうかがえるかぎり)三角関係をベースにしたラヴ・ロマンスを踏襲している。要するに、以前のキャリアと基本線を違えているわけではないのだ。むしろ、ヒロインの小夏モアの、とても頭の悪そうな言動と外見や性格の可愛らしさが紙一重の造形であったり、彼女の幼馴染みである如月雅の、王子様然としたルックスやしばしば意地悪な素振りを含むスマートな対応は、過去の二作に通じるものだといえる。ここにもう一人の関与を加えることで、当然、三角関係のモデルが出来上がるのだけれど、そのもう一人が先ほど挙げた引きこもり気味のオタク少年、山田蛍であることが、正しくターニング・ポイントたりえているのだと思われる。

 高校に入学してしばらく、家が一番近いという理由で担任の教師からプリントを預かったモアは、雅をともない、山田の家を訪れるのだったが、不登校の山田は、たとえそれが親切心からくるものであったとしても、二人の干渉を快くは受け取らない。そう、彼にとっては、ギャルゲーのヒロインだけが愛すべき存在なのだし、自分の部屋だけが安全で楽しい場所にほかならないのだった。あまりにも卑屈な態度で接してくる山田に困惑しながら応対するモアと雅である。しかしどうしてか。売り言葉に買い言葉を重ねるうち、まるで発憤したかのように。モアと雅を見返してやろうと言わんばかりに。あくる日、山田がその姿を教室に現した。以上が発端であって、本来は相まみえないであろう彼らのコミュニケーションを動力にストーリーは進んでいく。

 モアと雅からすれば、山田はある種の異物なのかもしれない。いや、既に述べた通り、田島のキャリアにおいても、山田みたいなタイプはある種の異物だといえよう。山田に対しての認識をあらためることが、モアと雅の間柄をも変化させている。と同時に、山田をどう扱うかの基準が、田島みみらしい作品の構造そのものに変化をもたらしているのである。

 オタク少年の、ステレオタイプなイメージの、とりわけそのデリカシーを作者なりに学習し、描いているのだろう。山田のコンプレックスは、肥大した自意識に由来している。ただし、単に肥大した自意識に性格や言動が左右されているのみなら、『学校のおじかん』や『君じゃなきゃダメなんだ』の王子様然とした男の子たちと、さして造形が異なっているわけではない。ここで注意したいのは、それがヒロインであるモアの積極性をクローズ・アップするための、特殊な倍率を有したレンズの役割を果たしていることなのだ。

 これまで田島のヒロインは、どちらかというと消極的であるがゆえに周囲の人物から強引にアプローチされる立場に置かれてきたのであって、結果としてどこが魅力であったのか不明の場合が多かった。『青春ロケーション』のモアも、繰り返しになるけれど、とても頭の悪そうな言動と外見や性格の可愛らしさが紙一重の造形で、過去の二作におけるヒロインと大差がない。このとき、雅のアプローチも同様に過去作の引用に止まる。しかしながら、上記したように、山田というレンズを得たことで(モアが別の価値体系を生きる山田に対しての関心を隠さないことで)その積極性がクローズ・アップされると、魅力の所在が今までになくクリアーとなっているのだし、この影響はあきらかに幅広い層にアピールするほど魅力的な話運びを成立させるところへまで及ぶ。

・その他田島みみに関する文章
 『君じゃなきゃダメなんだ』
  3巻について→こちら
  1巻について→こちら
 『学校のおじかん』
  17巻について→こちら
  13巻について→こちら
  12巻について→こちら
  9巻について→こちら
  5巻について→こちら
posted by もりた | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ(2012)